見た目がどんなに可愛くても、まとっている雰囲気が最悪なことがあります。
雰囲気ブスになってしまわないように気をつけたいですね。
男が嫌う雰囲気ブスの特徴から学びましょう。

(1)自虐が多い

『自虐が多いと暗い雰囲気になるよね』(21歳/大学生)

謙虚と自虐は違います。

「〇〇ってなんでもできてすごいよね。尊敬する」と言われたとします。
「ありがとう、でも私もいっぱい苦手なことあるんだよ」と返す。
謙虚な対応ですね。

「いや私なんてなにもできないし、不器用すぎて嫌になるよ」。
このように自分を蔑みすぎると自虐になります。

せっかく褒めてもらえたのです。
素直に感謝しましょう。

自虐ばかりする女に魅力なんて感じません。
あなたをまとう雰囲気も暗くなります。

(2)猫背

『なんかだらしなく見えるよね』(27歳/美容師)

背中が丸くなっているだけなのに雰囲気ブスに見えちゃうなんて損してます。
でも猫背というだけでスタイルが悪く見え、陰気な印象を与えてしまうのです。

人前ではできる限り胸を張っていたいですよね。
自信がないようにも見える猫背、いいことがないので矯正してでも正したいところです。

たくさんの悪い印象を与える猫背ですが、人前で正すことができたらあなたは一気にステキな女性になることができます。

自信があるように見え、健康的で明るく周囲に印象付けることができるのです。
いいこと尽くしなので猫背を直すメリットはいっぱいありますね。

(3)表情が暗い

『なんか不機嫌なのかなって思っちゃう』(28歳/証券)

いつもムスッとしていませんか?
いくら可愛い顔をしていても、笑顔が少なく表情が暗いとそれは不細工も同じ。
顔の素材がいいならなおさらもったいないです。

人によっては可愛いからってお高くとまっているんじゃないよ!と男からも女からも思われかねない。
笑って可愛くない女なんていないんだからいっぱい笑いましょう。

普段ムスッとした表情で仕事をしているならギャップで萌えさせることもできます。
真剣に仕事をしているかと思いきや、満面の笑顔で男性と話してみる。
そのようにすると印象もかなり良くなるうえにギャップでドキッとさせれちゃいます。

(4)言葉遣いが悪い

『なんか言葉遣いはちゃんとしてほしい』(22歳/大学生)

言葉遣いはその人を象徴するものでもありますよね。
その人の雰囲気やオーラを決定づけます。
でも人によって言葉遣いを合わさなければいけないこともありますから臨機応変に。

あなたの言葉遣いは「基本的には丁寧に」を心掛けてみるといいかもしれません。
周囲に雰囲気ブスの評価を受けないようにするためです。
気のゆるせる友人や家族以外ではマナーとして言葉遣いをわきまえておきましょう。


ちょっとしたことができていないだけで、雰囲気ブスと評価されちゃうのってもったいなくないですか?

内面から性格の良さや雰囲気の良さを滲み出させることができてこそ本当の美人!
雰囲気ブスから雰囲気美人へ変貌を遂げてみせましょう。

(恋愛jp編集部)