冬は寒い!めちゃくちゃ寒い!でも彼に甘えて温めてもらえるチャンス。
実は男性も憧れている、冬だからこそ叶う胸キュンシチュエーションがあるのです。

寒さなんて彼とのラブパワーで吹き飛ばせ!どんなシチュエーションがあるのか要チェックです。

(1)手冷たくなってるよ…なんて言ってポッケへイン♡

『映画とか漫画あるあるだけど憧れる』(24歳/カフェ店員)

一緒に歩いていて、手をつなごうとしたら彼女の手が冷たくなっている。
そんな時に「手めっちゃ冷たいね」なんて手を握ってポケットの中へ。

ポケットの中でもずっと握ったままで彼に温められちゃいます
冬しかしてもらえないことですよね。

これはデートの時に手袋なんてしてられない!
手袋より彼に温めてもらったほうが何倍も幸せです。

ちょっと寒いけど、彼とのステキな時間を過ごすためにも手袋はしないでデートへ出かけましょう

(2)二人の心もアツアツに!二人で鍋をしよう

『フーフーしながら食べる彼女をずっと見ていたい』(26歳/金融)

二人だけという幸せな空間で過ごす時間。
簡単にできる鍋とはいえ、彼女の調理している新鮮な姿に彼はドキドキ
結婚したときのことも想像して勝手に舞い上がっていることでしょう。

二人の仲ももっとアツアツに!
幸せな気分に二人を包み込む鍋は冬デートではぜひとも取り入れたいところ。
彼女が調理中に彼がギュ♡なんてことも彼はしたくなっちゃっているかも。

鍋って具材切るだけでしょ?それで彼は喜んでくれるのかな……なんて思っていますか?
冬だからこそ、二人を燃え上がらせるには鍋が効果的なんですよ。

温まるし、二人の空間だし、調理中にギュなんておまけも期待できそうだし、いいこと尽くしです。

(3)マフラーが一気に二人の空間をつくる

『寒がっている彼女にマフラーをぐるぐる巻いてあげたい(笑)』(24歳/企画)

二人を一気に甘い空間にいざなうマフラーマジック!

マフラーがきちんと首元に覆われていないと彼が感じたら、マフラーをかけなおしてくれるかもしれません。
彼との距離は一気に縮まり、お互いにドキドキしちゃいますよね。

たまには彼のマフラーをかけなおしてあげるのもステキです。
彼にかけなおしてもらうほうのドキドキも味わわせてあげてください。

また、ホームのベンチで電車待ちなどその場に座って動かないときはただただ寒いですよね。

そんなときにあなたしかマフラーをしていない場合は一つのマフラーを二人でシェアしてみましょう。

彼はもうドキドキしすぎてうまく言葉を発せなくなっちゃうかもしれません。
電車を待つという一人なら寒さに凍えるだけの時間も彼となら最高にステキな時間になりますね。

(4)冬と言えばイルミネーション!一緒に見に行こう

『彼女としかいけないところだから憧れる』(21歳/大学生)

寒い冬は空気も澄んでいる。
そんな中見るイルミネーションはそれだけで格別。

なのに彼氏と二人で見られるなんて最高に幸せですよね。
それは彼も同じです。

彼に至っては、イルミネーションは女性と見るもの!男同士で見るものではない。
そう思っているのですごく憧れている冬の胸キュンシチュエーションの一つです。

クールを装っているけれど意外に彼のほうがテンション上がって喜んでいるかもしれませんね。


二人の空間や心を豊かに彩ってくれる冬。
上手に甘えながら、これらのシチュエーションを取り入れ、彼をこの冬いっぱいドキドキさせちゃいましょう。

寒いけれど溶けちゃいそうなくらい恥ずかしくてアツアツな冬になりますように。

(恋愛jp編集部)