家族のような穏やかな関係も理想的ですが、せっかく恋人ですから、彼にドキドキしてもらいたいと思うこともありますよね。

特別なシチュエーションを作るのは結構大変です。
ですが、実は彼をときめかせるには日常の中で少し色気を出すだけのほうが効果的な場合もあります。

それでは、日常生活で色気ってどうやって出せばいいのでしょうか?
今回は、彼が思わずドキドキしてしまうような日常生活での「色気」について考えてみます。

(1)髪型を大きく変えた時

『髪型が変わると、彼女が新しくなったみたいでイイ♡(笑)』(34歳/商社)

髪型って外見の中でも特に人の印象として残る部分
男性にも、女性の髪が好き、という人は時代や年代問わず多く居ます。

普段はおろしている髪をポニーテールにしている時や、ずっと長かった髪をばっさり切ってしまった時など、大きく髪型が変化すると、ドキッとする男性は多いようです。
髪型が変わると印象が変わるので、新しい一面を見つけたような気持ちになるのでしょう。

(2)口に手を当てて控えめに笑う時

『奥ゆかしさが逆にセクシー』(25歳/福祉)

大きな口を開けて笑う姿は元気があって素敵ですが、色気があるかというとちょっと違う感じがしますよね。
色気を演出するなら、笑う時はちょっと控えめが正解。

笑う時少し口元に手を寄せて小さく笑う姿が色っぽくて男性はドキッとしてしまうそう。
男性は女性の「目元」と「唇」に目が行くそうなので、納得ですね。

(3)無防備な一面を見た時

『背伸びしたときにTシャツの裾から見えるお腹に、ドキッとする♡』(24歳/企画)

家や彼の部屋などでしか見せない無防備な姿にドキッとしてしまうみたい。
男女問わず、「自分にしか見せない姿」ってやっぱり特別感がありますよね。
気を許してくれていることがわかると、充実感があったり、独占欲が湧いたりするんです。

眠そうな表情や、酔ってとろけた目元を見てしまうと、男性もドキドキが止まりません。
色気にやられて盛り上がってしまう人も多いようですよ。

(4)ふといい匂いが漂ってきた時

『香水の匂いのいい匂いとは、違うんだよなぁ』(33歳/コンサル)

一緒に過ごしている時にふと女性からいい匂いが漂ってくるのがたまらないという声も多いです。
明らかに香水をつけているような強い香りよりも、柔軟剤やシャンプーのような柔らかな香りのほうが色気を感じるみたい。

無香料のものを使っている人は少し香りのついているものに変えてみてもいいかもしれませんね。


日常生活で色気を出すというと、ハードルが高いような気になってしまいますよね。
でも、少し仕草や外見に気をつけるだけで、色気は演出できてしまうんです。

最近女の子として見られているか自信がない、というあなたも少し色気を演出することに挑戦してみてくださいね。

(恋愛jp編集部)

カップル記事をもっと読む