最初はラブラブでも、付き合いが長くなるとマンネリ化することってありますよね。
それを避けるためには、ラブラブなLINEを意識すると効果的です。
彼と長続きするためのラブラブなLINEには、様々な特徴があります。
そこで、彼と長続きする「愛されLINE」についてご紹介します。

(1)感謝の気持ちはその都度伝える

『感謝されるって嬉しいものですよね』(35歳/SE)

付き合いが長くなると、感謝の気持ちを伝えることがなくなっていくものです。
嬉しかったこと、救われたことなど、彼に感謝するポイントは色々あります。
その都度ありがとうを伝えるには、LINEが非常に役に立ちます。

面と向かって言えないことも、LINEなら言いやすいことってありますよね。
彼といつまでもラブラブでいるため、感謝の気持ちはその都度伝えることが大事と言えます。

(2)相手を褒める

『褒め上手の彼女は僕を幸せな気分にさせてくれます』(25歳/企画)

男性は女性に褒められると嬉しくなるようです。
そのため、日頃から褒めることを意識すると、ラブラブを持続させることに繋がります。
「かっこいいね」「優しいね」など、相手のいいところは普段から伝えることが大事。

そうすることで、いつまでも新鮮な気持ちでLINEをすることができます。
付き合いを長続きさせるには、新鮮な気持ちを忘れないようにしましょう。

(3)素直な気持ちを伝える

『恥ずかしくて言えないような言葉でも伝えられますね』(26歳/建築デザイン)

付き合いが長くなると、なかなか素直な気持ちを伝えることがなくなっていくものです。
そんなとき、LINEなら素直になれるという人が多いようです。
「好き」という言葉をLINEで伝えることで、ラブラブな状態が長続きします。

普段は言えなくても、時々LINEで伝える程度がおすすめ。
時々だからこそ嬉しいこともあるので、毎日ではなく定期的にLINEで素直な気持ちを伝えてみましょう。

(4)会いたいな

『会いたいなってメッセージに元気をもらえる』(26歳/広報)

彼と離れているとき、寂しくなることってありますよね。
そんなときは、LINEでかわいく寂しい気持ちを伝えてみましょう。
「会いたいな」などのセリフに、男性はぐっとくるものです。

離れているときこそ、LINEで気持ちを伝えるチャンスでもあります。
日頃からラブラブなLINEで彼との仲を深めるよう心がけましょう。


彼と長続きする「愛されLINE」は、カップルにとってラブラブを継続するために非常に重要なことと言えます。
日頃から女性らしさを忘れず、思いやりのあるかわいいLINEをするよう心がけましょう。

 (恋愛jp編集部)

ライン記事をもっと読む