長く付き合っていると、お互いの存在が当たり前になってしまうもの。
そして相手の価値観や、存在のありがたみを忘れてないがしろにしがち。
しかしふとした瞬間に、男性は彼女への気持ちを再確認することがあります。

そこで今回は、男性が“惚れなおした”彼女からのLINEをご紹介します。

(1)ありのままを受け入れてくれるLINE

『仕事で上司と上手くいかないことがあって。それでも彼女は「○○くんはそのままでいいじゃん?」と言ってくれたとき』(25歳/営業)

男性は、基本的に女性からありのままの自分を受けて入れてほしいと思っています。
そして仕事などにおいて、上司と上手くいかないこともあるでしょう。

そんなときでも、男性自身を変えるような言葉はかけないこと。
あなたらしくいればいいんだよ」とか「そのままでいいと思うよ」という言葉が大切になってきます。

男性を否定しない、ということが、惚れ直す言葉になるでしょう。

(2)片付けておいたよ

『掃除や家事が大の苦手。先に仕事で出た後、彼女から「部屋掃除しといたよ」ってきたときはさすがと思った』(34歳/IT)

長く付き合っていると、彼の苦手なことってわかってきますよね。
掃除だったり、家事を苦手とする男性は少なくないでしょう。

そんなとき、ささっと家のことをこなせる彼女が彼らにとっては天使に見えてきます。
また彼にお願いされる前に、自らしておくことでポイントもアップ!
彼が苦手なことを、しっかりと補える彼女が惚れ直される女性でしょう。

(3)風邪の時の手作り料理

『風邪で寝込んだとき、外に出る元気もなくて。そしたら手作り料理をドアノブにかけておいてくれたとき』(26歳/証券)

風邪で寝込むほどになると、ご飯を作る気にもなれず外出も難しくなりますよね。
だからといって彼女にお願いするのは……と思うのが男心。
プライドが邪魔をして、なかなか言いたいことも言えません。

そんなとき、愛される彼女は、そっと手作り料理を渡してあげます。
彼からすると、彼女からの手作り料理ほどの特効薬はないでしょう。

(4)無理しないでね

『遠距離している彼女になかなか会えないことが続いて。それでも「無理しないでね」と言ってくれたのが嬉しかった』(31歳/コンサル)

男性は、仕事で忙しくなると、彼女のためにもなかなか会う時間を作れないもの。
なかには男性の浮気などを、疑う女性も多いでしょう。

しかしそれは、男性をウンザリさせるだけ
彼を惚れ直させるなら、いつも信じているよ、という気持ちをもって接しておきましょう。


いかがでしたか。
男性が“惚れなおした”彼女からのLINE“は、男性の心をくすぐらせるもの。
男性を否定せず、いつも味方でいることが、惚れ直させるコツになります。

(恋愛jp編集部)

ライン記事をもっと読む