愛される彼女はLINEでも彼氏に甘えてキュンとさせるのが上手です。
しかし甘えLINEは本人は甘えているつもりでも、彼から「わがまま」と思われることもありますので注意が必要ですよ!
彼氏を夢中にさせてしまう愛される女性の甘えLINEを4つご紹介します。

(1)次のデートのリクエスト

『提案してくれるのも嬉しいし、一緒に会いたいと思われているのが何より嬉しく感じる』(30歳/公務員)

「今度一緒に〇〇に行きたいな」「〇〇君と行ってみたいお店があるんだけど」など、次のデートの行き先をリクエストしてみましょう。
こんな甘え方なら彼もきっと大歓迎のはず。

次のデートの計画を提案するということは、自分とのデートを楽しみにしてくれていることになりますので、待ち遠しくしてくれているのが伝わってきますよね。
受け身で「どこでもいいよ」と言われるより、よほど嬉しいでしょう。

「女性が好きな場所なんて彼は行きたくないかも?」なんて余計な心配をせずに、甘えるLINEを送ってみましょう。

(2)短文で気持ちを伝える

『急にどうしたんだろうとドキッとするし、かわいいと思う』(27歳/製造)

甘えたいとき、つい長文になってしまうかもしれませんが、短文の方が気持ちが伝わります。
第一長文だと読むのがめんどくさいと思われてしまうかもしれません。
「会いたいな」「大好きだよ」など、一言で伝えた方が伝わりますよね。
短文の方が彼氏も返信しやすいので、しっかり返事がもらえる可能性が高いですよ!

(3)彼への気遣いも忘れずに

『その一言だけで良い彼女を持ったなと思ってしまう』(31歳/エンジニア)

甘えLINEは彼へのお願いごとばかりでなく、気遣いも忘れないようにしましょう。
仕事が終わった頃にLINEして、まずは「今日もお疲れさま」の一言を。
その一言で、彼は疲れも忘れてしまうでしょう。
会えない日もLINEで癒してくれる彼女が愛おしくてたまらなくなるはずです。

(4)スタンプを上手に使う

『あまりにもたくさん送ってこられると鬱陶しく感じるけれど、ここぞというときに使ってこられると弱い』(26歳/商社)

LINEの特徴でもあるスタンプは、多用すると嫌がられますが、上手に使えばとても効果的に気持ちを伝えることができます。
寂しいなというときに、「寂しい」と文字にするより、寂しそうなスタンプを使うことでさりげなく気持ちを伝えることができるでしょう。

また、ハートマークのスタンプも、甘え上手なら使いこなしたいものです。
彼に甘えるときは、スタンプを上手に使って気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。


甘えるのが苦手な人も、LINEなら顔を見ないですみますので、面と向かってよりも甘えやすいのではないでしょうか。
男性は甘えられることで、頼りにされていると実感できて嬉しく思うようです。
甘えLINEを使って、自分の気持ちやお願いごとを可愛く伝えてみてはいかがでしょうか。

(恋愛jp編集部)

ライン記事をもっと読む