前戯の時、彼任せになったりマグロ状態になったりしていませんか?
セックスを盛り上げる為には、前戯はとても重要。
そこで今回は、男がマジで彼女にしてほしいと感じる前戯テクを、紹介していきます。

(1)恥じらいを見せる

『恥ずかしがってくれた方が嬉しい(笑)』(24歳/通信)

女性の恥じらいは、男性の興奮を高めるのに必要です。
どんなに長くお付き合いをしていても、恥じらいを捨ててしまってはNG。
特にエッチの序盤である前戯中は、恥じらいを見せることがお作法。

恥じらいもなく服を脱いで「しようか」と言われても、何の興奮もありませんよね。
やはり雰囲気作りは大切

服を脱ぐ時、愛撫される時は、少しの恥じらいを見せるようにしましょう。
もちろん最後まで恥ずかしがっていたら、進まないので最初だけでOK。
恥ずかしがっていたのに、快感に飲まれていく感じが、男性の興奮を煽りますよ。

(2)感じてることを表現

『彼女の反応でこっちもビンビンになれる!』(32歳/広報)

前戯中マグロ状態なら、楽しさも興奮もないもの。
男性は、女性の反応を事細かくチェックしています。
それは、もっと気持ち良くしてあげたいと思っているから。

喘ぎ声はもちろん、少し体をくねらせたり潤んだ目で彼を見つめたりと、感じていることを彼に教えてあげましょう。
彼の愛撫に敏感に反応してあげることで、興奮度もアップします。

ただし、やり過ぎた演技は禁物。
序盤から大き目の喘ぎ声を出すなどは嘘っぽいので、最初は吐息だけでも十分ですよ。

(3)たまには大胆に攻める

『彼女がしてくれるならなんでも気持ちいい♡』(25歳/福祉)

前戯を全て彼任せにしていませんか?
彼が気持ち良くしてくれたのなら、彼にも気持ち良くなってもらいましょう

たまには、女性から彼を大胆に攻めてみるのもアリ。
愛撫の仕方が分からない人は、彼がしてくれた愛撫を同じようにすれば良いですよ。

耳や首にキスする、乳首を愛撫する、フェラや手コキなど、彼の性感帯を愛撫していきましょう。

お互いの気持ちが高ぶってから挿入すれば、興奮度も違います。
きちんと彼にも気持ち良くなってもらうためにも、彼への愛撫も必要ですよ。

(4)言葉で伝える

『ズッキュンくる!!』(29歳/会社員)

彼のタイプにもよりますが、少しエッチな言葉で伝えると興奮します。
しかし、エッチな言葉を言うのって、恥ずかしいですよね。
恥ずかしいなら、そのまま「恥ずかしい」と言葉で伝えるだけでも良いですよ。

他には、彼の名前を呼んだり、「気持ちイイ」と伝えたり、言える範囲でOK。
「もっと」や「もう欲しい」、「もうダメ」など、直接的な言葉を使わなくても、十分興奮度アップ

何も言わないとどこが感じるのか、どれくらい感じているか分からないもの。
無理に卑猥な言葉を言う必要はありませんが、気持ちは言葉で伝えてみて。


女性も前戯に参加することで、彼の興奮度が変わります。
いつも彼任せという人は、少しずつ取り入れてみて下さいね。
お互いが興奮するセックスのために、前戯は大切に扱いましょう。

(恋愛jp編集部)