ドキドキとワクワクが入り混じる初デート。
女性が良かれと思った行動が、男性にドン引きされてしまうことがあるようです。
今回は初デートで「必死すぎ(笑)」と思うNG行動をご紹介します。

(1)次のデートの話

『そんなにがっついてこられると引く……』(29歳/企画)

初デートの後に真っ先に気になってくるのが、2回目のデートに誘ってもらえるかどうか。
恋愛上級者はデート中に次のデートへの約束を取りつけることができます。
恋愛のハウツー記事を読むと「初デート中に次の約束をする」と勧めることもありますね。

しかしただ次のデートの話をすればいいだけではありません。
あくまで「お互いの意思」かつ「自然な流れ」で約束するのがポイントとなってくるのです。
ムリに約束に取り付けようとしれば「がっつぎすぎ」と思われるでしょう。

(2)自己PR

『そんなに自分の話ばっかりされても……ナルシストな子なのかなぁって印象』(31歳/医師)

デートは「お互いの事を知る」という目的があっての行動。

だからこそ自分の魅力を知ってもらいたいと感じるものですが、アピールのし過ぎは禁物です。
「分かって欲しい」という思いから自分の事ばかり話してしまっても、男性も楽しんでいるとは限りません。

会話するうえでベストな比率は「聞く:話す=7:3」といわれています。
お互いが満足する会話ができたと感じられるよう、自分の事を話しつつも相手の話も聞きましょう。
どちらにしろ、初デートで相手のすべてはわからないものなので、居心地の良さがもっとも重要です。

(3)メイク直しが頻繁

『頻繁にメイク直しに行くのって必死すぎるし、待ってるこっちの身にもなってくれよ!』(27歳/営業)

デートのときはいつも以上に念入りにメイクをするのではないでしょうか?
やはり見た目の与える印象は絶大
しかししっかりメイクするほど、「メイク崩れ」が気になってしまうものでもあります。

実は女性のメイク直しの時間は、男性にとって非常に長く感じます
もともと女性のお手洗いは混み合いやすく、男性よりも時間がかかるのです。
さらにメイク直しを重ねると、男性は案外気が付き「頑張りすぎ」と感じるかもしれません。

(4)デートを意識しすぎたファッション

『雑誌で読んで着たの?って思うような王道デートファッション……あんまり好きじゃないなぁ』(31歳/人事)

初デートとなると、彼に気に入ってもらえるような好印象のファッションを選ぶと思います。
完璧なコーディネートが出来上がると、一日の気分もグンと上がりますね。
ところが男性の好み次第で逆効果になることもあるので、注意が必要。

はじめてのデートだと、相手のファッションセンスがまだ分からなかったりもします。
そうなると王道の「ワンピースにハイヒール」などといったファッションが合わないことだってあるのです。

「初デートに合うファッション」よりも「彼の人柄や好みに合ったファッション」を心がけましょう。


いかがでしたか?
ワクワクする初デート、彼との摩擦がなくうまく進むと嬉しいですね。
ムリはすることなく、程よい努力で魅力を生み出しましょう。

(恋愛jp編集部)

モテテク記事をもっと読む