冬になると活躍するおしゃれアイテム、マフラー。
マフラーにはさまざまな巻き方がありますが、小顔効果が期待できる巻き方があるのをご存知ですか?
普段から少しでも小顔にみせたいという女性の方も多いはず。

そこで簡単「マフラーの巻き方」講座についてまとめてみました。

(1)ミラノ巻き

『定番の巻き方だけど、やっぱり可愛いよね』(29歳/営業)

マフラーの横幅を好みの太さに折り畳み首にかけ、1:2になるように整えます。
長い方を手に取って首に巻き、首周りの間から巻いていない方のマフラーを引っ張り、輪っかを作ります。

輪っかに手を入れて反対のマフラーの端を上から通すと、ミラノ巻きの完成。
首がきつくならないよう最後に少しほぐすとちょうどいいようです。
コートとの相性もいいので、万能な巻き方と言えます。

(2)ワンループ巻き

『簡単だから時間がない時にもいいね!俺にもできそう(笑)』(28歳/企画)

マフラーの横幅を好みの太さに折り畳み、縦に半分折って、首にかけます。
輪の部分にマフラーの端を通すと、ワンループ巻きの完成。
簡単な巻き方なので、時間がないときにはオススメです。

大きめのマフラーを使うと、さらに小顔効果が期待できます
簡単な上に崩れにくい巻き方なので、仕事に行くときなどにもオススメの巻き方です。

(3)ニューヨーク巻き

『凄くオシャレな印象。長めのマフラーが可愛い!』(31歳/人事)

マフラーの横幅を好みの太さに折り畳み、どちらかが長くなるように首にかけます。
長い方を手に取って首に巻き、前でゆるく結び、完成。
ボリュームがある巻き方なので、小顔効果というより全身が痩せてみえる効果があります

シャープにきめたいときには、ニューヨーク巻きがオススメです。
ニューヨーク巻きをする際には、長めのマフラーを選びましょう

(4)エディター巻き

『ちょっと大人な女性のイメージ。顔が小さく見えていいね』(32歳/コンサル)

マフラーの横幅を好みの太さに折り畳み、どちらかが長くなるように首にかけます。
長い方を手に取って首に巻くと、エディター巻きの完成。
大きめのマフラーを使うと、巻いた際に厚みが出て、より小顔効果を発揮することができます。

ゆるめに巻くことで、おしゃれにルーズ感を引き出すことにつながるのでオススメです。
ふわっとしたかわいい印象を与えるエディター巻きは、デートの際にもオススメの巻き方です。


小顔効果抜群、簡単な「マフラーの巻き方」は、さまざまなシーンでそれぞれ活躍することが期待できます。

小顔効果はもちろん、おしゃれにマフラーを活用したいという方にとって、巻き方は非常に重要になりますよ。
そのため今後の参考にしてみることをオススメします。

(恋愛jp編集部)