「気配り上手」がモテることはあっても「がさつ」がモテることはあまりないでしょう。
中でも男性を呆れさせてしまう「女子のがさつ仕草」をまとめてみました。
当てはまることがないか、チェックしてみましょう。

(1)ゴチャゴチャした鞄の中身が見える

『ふとした時にカバンの中がゴチャついてるのがみえて萎えた』(25歳/薬剤師)

鞄から何かを取り出すとき、近くにいる人には中身がよく見えていたりします。
そんな時、中身がゴチャゴチャしているのが分かってしまうことも。
さらになかなか探し物が見つからないとなると、男性が思わずため息をついてしまうかも……

鞄の中にはできるだけそのまま物を入れないのが基本。
ポーチにまとめるなどして、パッと見たときに整理されているようにしましょう。
こうすることでどこに何があるかもハッキリと把握できます。

(2)食べ方が汚い

『テーブルマナーは最低限の身だしなみだよ』(33歳/証券会社)

食事のマナーはその人の品格が顕著に出ます
食べ方が汚い女性はズバリ、男性から恋愛対象外と思われかねないでしょう。

・皿に食べ残しがある
・口元を汚す
・箸やフォーク、ナイフの持ち方が変
・音を立てる

これらは一般的なマナー項目でありながら、男性からも幻滅されやすい項目
家庭環境によって身に着くともいえます。
相手を見定める上での基準にする人もいるので必ず注意しましょう。

(3)脱いだ靴や服を散らかす

『脱いだ靴をそのままとかって育ちが出るよね』(29歳/広報)

デート中に靴を脱ぐ場面はたまに出てきますね。
そんな時、ちゃんと靴を揃えて置くのが一般的なマナー。
それをしないで脱ぎ散らかしてしまうのは「未熟な子ども」と同じです。

子どもであれば成長途中であるため可愛らしいですが、大人にもなって脱ぎ散らかすのは問題。
また、家に帰って脱いだ洋服を脱ぎ散らかすという女性も注意した方がいいですね。
脱ぎ散らかした服は男性が萎えてしまう項目上位ですよ。

(4)ハンカチを使わない

『ハンカチ持ってない女性って信じられない』(26歳/医師)

お手洗いに行ったときや手を洗ったとき、ハンカチを持たずに服で水気をふき取る女性……
中には手の水分を使って髪をセットし始めるなんてことも。
もちろんこれは「不衛生」な印象しか与えず、男性が幻滅する行為です。

ハンカチやティッシュを持ち歩くのは女性のたしなみ
ふとした時に何かをこぼしてしまい、ふき取ろうとする場面もあるでしょう。
そんな時にサッとハンカチが差し出せると、気配りができる女性といえますね。


いかがでしたか?
ふとした行動が男性を幻滅させてしまっては、何だか勿体ないですね。
ちょっとの意識で「がさつな印象」はなくなるはずなので、ぜひ気を配ってみてください。

(恋愛jp編集部)

カップル記事をもっと読む