カップルにとって、コミュニケーションのツールとして活躍するLINE。
気軽にやり取りできて連絡が取り易い反面、LINEがケンカの種になることもありますよね。
では、長続きカップルはLINEをどのように扱っているのでしょうか?

今回は、“長続きカップル”と“短命カップル”のLINE頻度の違いについて、紹介していきます。

(1)毎日する

『別に強制はされていないけど、割と毎日するかな。しない日もあるけど、彼女もしてこない日もあるしお互い気にしてない』(27歳/広告)

“長続きカップル”は、毎日LINEをしているみたい。
ちょっと意外ではありませんか?
あまりLINEをしないで適度に距離を取ったほうが長続きする印象ですよね。

ただし、“長続きカップル”は強制をしていません
どちらかが無理をしたり我慢したりする頻度では、不満がたまりケンカの原因になります。
そして、普段の生活の中に恋人と連絡を取り合うことが、自然と馴染んでいます。

“短命カップル”は、同じ毎日でも強制されていることが多いです。
毎日LINEをするのは恋人として当たり前とし、無理をしてでもLINEをする。
そうすると、LINEに振り回されて、本来のコミュニケーションを忘れてしまいます。

(2)1日の量の違い

『ゆっくりしたい時もあるのに、暇だったらLINEするのが当然みたいな子とは無理』(29歳/金融)

“長続きカップル”は、毎日どれくらいの量LINEをやり取りするか気にしていません
話が盛り上がっている時はたくさんするし、「おはよう」「おやすみ」だけの日もあります。

2人の生活スタイルが違うのだから、毎日の量は違って当然。
お互いが理解しているからこそ、不満はありません。

一方“短命カップル”は、1日の量に対して2人の見解が違うことでバランスを崩しやすいもの。
このようなカップルは、どちらかが無理をし不満が生まれます。
生活スタイルに合わせて、2人の妥協点を見つけることが大事です。

(3)既読の扱い方

『忙しくて後で返信しようと思ったら、大量の返信催促が来ていてマジ引いた』(26歳/企画)

一番ケンカの原因になりやすい、既読や未読の取り扱い。
“長続きカップル”は、たとえ既読スルーされても、特に返信の催促はしません。

しかし、“短命カップル”は、既読スルーや未読があると、催促したり怒ったりすることでケンカになります。

既読スルーと言っても、その時忙しくて後でゆっくりと返信するか電話しようと思っているかもしれません。

また、話が終わったと思い、返事をしなかったのかもしれません。
どちらにせよ、この状態で催促されたり怒られたりすると、イラッとするのは当然

“長続きカップル”は、それが分かっているので、既読や未読でも相手を責めるようなことはしません。
これは、お互い信頼関係が出来ているからです。

(4)内容について

『LINEでのケンカは不毛だよ』(32歳/コンサル)

LINEは文字だけのやり取りなので、絵文字やスタンプを使っても、本来の感情は相手にどのように伝わっているか分かりません。

受け取り側次第なので、間違った感情として受け取ることもありません。
そこに誤解が生じて、ケンカに繋がります。

“長続きカップル”は、LINEをコミュニケーションの一つとして考え、LINE以外でもたくさんのコミュニケーションをとっています。
なので、大事な話やケンカなど、感情が入る話は会って直接話します

一方“短命カップル”は、信頼関係をまだ築いていないうちから、LINEで感情的な内容をトークするもの。
そのため、誤解が生じてケンカになります。


LINEは、カップルにとってとても便利なツールです。
しかし、LINEにばかり依存して、本来のコミュニケーションを怠ってはNG。
LINEはあくまでも一つのツールとして考え、振り回されないようにしましょう。

(恋愛jp編集部)