女性が「オシャレ」と思う服が、必ずしも男性ウケするわけではありません。
せっかくオシャレしたつもりでも、ひょっとしたら男性がデートに着てきてほしいと思っているのは別のファッションかもしれませんよ。
モテるファッションとモテないファッションの違いについてご紹介します。

(1)色の違い

『彼女には、暗い色ばかり着てほしくない』(27歳/スタイリスト)

モテるファッションは暖かい色、モテないファッションはです。
黒の服は痩せて見えますし、カッコいいので好んで着ている女性も多いのではないでしょうか?
しかし、男性はクールでカッコいい服よりも、可愛い服の方が好きなのです。

男性にモテるのは、パステルカラーや白など、優しい色のファッション
パステルカラーはちょっと……という方は、優しいベージュなど暖かい印象の色を選んではいかがでしょうか。

(2)素材の違い

『ハグしたくなるのは、もこもこふわふわを着た彼女かな』(23歳/IT)

モテるファッションは柔らかい素材、モテないファッションはハードな素材
ふんわりしたニットやもこもこしたアウターは、優しい印象なので男性にモテます。
思わず触りたくなってしまう気持ちよさそうな素材の服を着ている女性は、癒してくれそうな印象があるでしょう。

一方、レザーなどハードな素材の服は女性目線ではカッコいいですが、男性にはクールすぎると思われてしまうみたい。
カッコいいよりも可愛いを目指した方が、男性にはモテそうですね。

(3)印象の違い

『地味な服装はまったくそそられない』(25歳/飲食)

ほどよく華やかなファッションはモテますが、地味すぎるファッションはモテません。
ワンピースや花柄など、ほどよく華やかさが感じられるファッションは男性にモテます。
一方、地味なファッションは男性にはモテません。

暗い色メンズのようなデザイン制服のような服装では、ほのかな色気も感じられないから。
モテたいなら、地味すぎるファッションをやめて、明るい色、透け素材、ふんわりしたスカートなど、女性らしさが感じられるファッションを取り入れてはいかがでしょうか。

(4)抜け感の違い

『肩を出しすぎてるファッションは遊んでる子にしか見えない』(29歳/保育士)

計算された抜け感のあるファッションはモテますが、だらしない抜け感はモテません。
大人のファッションは、ほどよい抜け感があることで大人の余裕が感じられます。
しかし、抜け感が過剰になるとだらしない印象になり、男性には「どこがいいのかわからない」と思われてしまうかも……。

モテる抜け感はきちんと計算されていますので、清潔感や色気があって素敵。
しかしモテない抜け感は、トップスもボトムスもハズしているので、ルーズな印象を与えてしまうでしょう。
ハズしすぎないように計算して、だらしなく見えないように注意してくださいね。


ファッションはその人の印象となりますので、自分がどのように見られたいかということを考えて選びたいですね。
モテたいなら男性ウケを意識した服装選びをしましょう。
ファッションを変えたら第一印象も変わりますので、イメチェンすることで出会いが増えるかもしれませんよ!

(恋愛jp編集部)

ファッション記事をもっと読む