知らず知らずのうちに、彼はあなたとのLINEが苦痛になっているとしたら……。
「そんなはずはない!」と思いたいところですが、女性が何でもないことでも男性は負担に思うこともあるのです。
彼が苦痛に感じるLINEを4つご紹介しますので、自分にあてはまらないかチェックしてくださいね。

(1)返信が早すぎる

『スマホにかじりついてるんだろうな~と思ったらちょっと怖くなる!』(28歳/証券)

チャット感覚で楽しむLINEなら、すぐに返信をもらった方がテンポよくトークを楽しめます。
しかし実際は、必ずしも即レスが歓迎されるというわけではありません。
相手からの返信が早いと、自分もすぐ返信しなきゃいけないような気分に……。
急かされているようで、男性は苦痛に感じてしまうこともあるようです。

(2)返事を催促される

『急ぎじゃないなら、1日くらいは待ってくれていいと思うんだけど……』(33歳/編集)

忙しくてすぐにLINEの返信ができないとき。
後で返事しようと思っているのに、「返事まだ?」「既読スルーしないでよ」と返信を催促されることは苦痛以外の何でもありません。

自分中心に考えてしまうと「何ですぐに返信くれないの?」ということになってしまうでしょう。
彼がLINEを最優先するにはいかないという事情を理解しなくてはいけませんね。
彼の事情や生活のペースを考えて、すぐに返事がなくてもゆったり待つように!

(3)束縛するようなLINE

『束縛しても、いいことないよね』(35歳/管理)

「今どこ?」「何してるの?」というように、どこで誰と何をしているか、毎日のようにLINEで聞かれると彼も苦痛に感じてしまいます。
LINEは気軽に連絡が取れますので、つい用事がなくても彼と連絡を取りたくなっていろいろ質問してしまうのでは?
しかし、それが男性にとっては負担となってしまいます。

相手を監視するようなLINEは苦痛を与えてしまいますのでやめておきましょう。

(4)連投

『スタンプの連投って、なんなの?』(29歳/不動産)

彼と話したいことがたくさんあって、ついLINEの連投をしてしまう人もいます。
しかし、これが苦痛という男性も多いので、気を付けておきましょう。
長文になりそうなので途中で切って2つ、3つと続けて送る人や、返事が来るまで待てなくて、つい連投してしまう人も。

しかし質問に答えようとしているのに、送信する前に次のメッセージが届き、追いつかないので苦痛に感じてしまう男性もいます。
返信が来る前に次から次へと連投するのは彼が苦痛に感じることがありますので、少し我慢して返信を待つように!


男性は女性ほどLINE好きではない人も多いので、気づかないうちに苦痛を感じさせてしまっているかもしれませんね。
彼のペースを乱し、急かすようなLINEは、負担となってしまうようです。
男性と楽しくLINEするためには、彼が苦痛を感じないように注意したいですね。

(恋愛jp編集部)

ライン記事をもっと読む