彼の手マンが気持ちいいこともあれば、痛いこともあります。
しかし、痛くても彼のプライドを傷つけてしまいそうで言い出しにくいという女性もいるのではないでしょうか?
実際、手マンのときに男性は何を考えているのか調べてみました。

(1)彼女を気持ちよくしてあげたい

『彼女の反応をよく見ていますね』(32歳/IT)

男性が彼女に手マンをするのは、気持ちよくしてあげたいから。
自分の手マンによって彼女が気持ちよさそうに喘いでいることで、喜びを感じます。
気持ちよさそうにしている彼女を見ると、「もっと声を出させたい」と頑張る男性もいるでしょう。

(2)力加減は大丈夫かな?

『反応を見たり聞いたりしてしまう』(24歳/営業)

彼女に気持ちよくなってもらうためにも、手マンの力加減を気にしてくれている男性は多いようです。
激しすぎると彼女が痛がりそうだし、弱すぎると気持ちよくならないかも?
「気持ちよくない」って彼女が思っていないか男性は気になっています。

自信がなさそうな男性には「そこが気持ちいい」というように教えてあげるのもいいかもしれませんね。
激しくするだけの手マンは痛いだけなので、勘違いしないように教えることで気持ちいい手マンに導くことができるでしょう。

(3)挿入まで勃起してられるかな

『時間が長くなると、そっちの心配をしてしまう』(26歳/製造)

彼女を気持ちよくしてあげるために手マンをしていると、自分の勃起が維持できなくなってくる男性もいます。
彼女をイカせてから挿入のタイミングまで自分の勃起状態を保てるか、心配になってくる男性もいるみたいですよ。

手マンが長引いたら、彼のアソコを触って刺激してあげてはいかがでしょうか。
萎えてしまったことを知られるのが恥ずかしい男性もいますので、彼が萎えてしまわないようにあなたも彼を気持ちよくしてあげましょう。

(4)疲れてきたから早くイってほしい

『あまりにも長引くと、そう考えてしまいますね』(29歳/商社)

手マンが長引くと、疲れを感じる男性もいます。
同じ体勢での手マンは疲れるでしょうから、「早くイってほしいな」と思ってしまう男性もいるようですよ。

特に仕事の後など、元々疲れていた日は眠くなってしまうこともあるようです。
彼が疲れてそうだったら「早く入れてほしい」と挿入をおねだりして、彼を気遣ってはいかがでしょうか。


手マンのとき、男性はいろいろなことを考えているのですね。
彼女に気持ちよくなってほしいと思って手マンしている男性がほとんどでしょうが、疲れると「早く終わらせたい」と思う男性もいるようです。
激しすぎて痛いときは男性の勘違いもありそうなので、ハッキリ伝えた方がよさそうですね。

(恋愛jp編集部)

ナイトライフ記事をもっと読む