男性は、基本的に女性の買い物が苦手。
どれだけ優しい男性であっても、しんどい……と思うことがあります。
デートの度に、男性にお買い物に付き合わせていると、彼も嫌気がさすでしょう。
今回は、買い物デートで彼をイライラさせるNG行動についてご紹介します。

(1)チェックするお店が多すぎ

『女性の洋服ブランドは多いかもしれないけど、行きたい店がありすぎると疲れる』(30歳/コンサル)

女性がお買い物をするときって、このお店も!あのお店も!と周りますよね。
全てをチェックしてから、どれが一番欲しいか決めるもの。

しかし、チェックするお店が多すぎると、男性は振り回されてしまいます
そのため、こっちもなの!?と思い、だんだん疲れてしまうことに。
彼とお買い物をするときは、できるだけお店をしぼっておきましょう。

(2)迷ったお店に戻る

『迷った服があって、また戻るのがよくわからない。買えばいいのに』(29歳/マーケティング)

女性ならわかる!となりますが、男性からすると同じお店に戻る行動がわかりません。
迷っているなら、買うか諦めるか……というのが男性のお買い物の仕方。
同じお店に戻ることはほぼありません。

また、お店に戻ったのにも関わらず、「やっぱり違うな」となるとさらにイラっ!
買わないのかよ!と男性は思ってしまうので、気をつけましょう。

(3)永遠に続く試着

『どれだけ試着するんだ、と思ったことがある。しかも、いちいち感想を聞いてくる』(33歳/企画)

女性は、基本的に気になる服を全て試着したくなるもの。
そして、自分にぴったりの服を買いたいですよね。

しかし、待っている男性からすると、永遠に続く試着は苦痛でしかありません。
いつまで続くの……と思ってしまいます。
男性に「これどう?」と聞いても、男性からすると全て同じなので、聞かないことです。

(4)下着売り場に連れていかれる

『下着売り場ほどついていきたくない場所はない』(24歳/公務員)

女性なら、男性の下着売り場に行ってもあまり恥ずかしいとは思わないでしょう。
しかし、男性は違います。
女性しかいない下着売り場に連れていかれると、どうしたらいいかわからないもの。

また、セクシーな下着もあるため、目のやり場に困ります
男性を困らせないためにも、下着売り場にだけは連れていかないようにしてあげましょう。


いかがでしたか。
男性は基本的に女性のお買い物が苦手です。
彼をイライラさせないためにも、お買い物は一人で行く方が無難でしょう。

(恋愛jp編集部)

カップル記事をもっと読む