一度はイッた演技をしたことがある人も多いと思います。
とくに、中イキできない女性は、イク演技をすることがありますよね。
でもイク演技がバレていないか心配になりませんか?
そこで今回は、男が「彼女がイッた」と感じる瞬間を、紹介していきます。

(1)喘ぎ声

『イク時は喘ぎ声が変わるよね、イク時の声って特徴的だからわかりやすい』(31歳/営業)

女性はイク時、声のトーンが上がり、一瞬吐息ぐらいしか出なくなり、絶頂を迎えます。
イク直前は、声が詰まったように出ないことがほとんど。
喘ぎ声が同じトーンのままイクことはありません。

男性は、喘ぎ声で判断していることが多いです。
「イク~」と言葉で伝えて声が大きくなっても、イク直前は一瞬でもほとんど声がでないもの。
その喘ぎ声で判断しています。

喘ぎ声は、演技の時は取り入れやすいですが、間違った喘ぎ声は演技とバレてしまうもの。
あまり大袈裟な喘ぎ声は、嘘っぽくなりますよ。

(2)全身に力が入る

『ギュッと力が入って手でシーツを握ってたりしたら、イッたんだなって思う』(31歳/企画)

イク直前は全身に力が入るもの。
目をぎゅっと閉じ、手に力が入り、足もギュッと力が入ります。
足指が内にぎゅっと閉じたり、反ったりするもの。

彼女の体に力が入るかどうかで、イッたことを判断しているみたい。
どうしても全身に力が入るので、あまり可愛い顔はできないし、体も思うようになりません。
その部分を気にしていると、イケないことがあります。

感じることに集中することで、自然とイケるようになりますよ。
演技をするなら、目をぎゅっと閉じ、シーツや彼の肩や背中などをぎゅっと掴みましょう

(3)イッた後に力が抜ける

『さっきまで全身に力が入ってたのに、突然くたっとなった時にイッたなって思いますね』(32歳/営業)

イク直前、体に力が入りますが、イッた後は全身の力が一気に抜けます。
体からすべての力がなくなったように脱力するもの。
その脱力感を見て、イッたのだと男性は確信します。

そして少しの間は、なかなか全身に力が入らないもの。
徐々に力が入ってくる感じも、確認しているみたい。
演技するなら、力を入れた後、一気に力を抜く感じ。
そしてすぐに全身力を入れないよう、徐々に戻る感じを出してみて。

(4)膣が締まる

『声とかは演技できるからあんまり参考にしてない。本当にイッた時は中がギュッと締まる』(30歳/マーケティング)

イク時、膣がギューっと締めつけるようになります。
男性は、自分のモノが締め付けられる感じで、イッたかどうかを判断。
膣が収縮するように感じられるみたい。

セルフで中イキできるのならば、自分がイク時に中がどのようになるか確認してみるとわかりやすいですよ。
わからない場合は、膣を締めるように力を入れてみましょう

イク直前に、膣をギュッと締める感じ、そして脱力です。
日頃から膣を締める膣トレをしておくと、演技に使えますよ。


演技がバレてしまうと、男性は萎えてしまいます。
できれば演技しないにこしたことはありませんが、イケない場合は演技してしまいますよね。
そんな時は、セルフの時に自分がどのようにイクか確認しておくといいですよ。

(恋愛jp編集部)