どんな時でも一緒にいたい恋人同士、彼が疲れているときや、ツライ時でも頼りにして欲しいですよね。
どんな女性であれば、彼が頼ってくれるようになるのでしょうか?

今回は「男性が疲れていても会いたくなる女性の特徴」について4つご紹介します。

(1)時には自分で計画が立てられる

『全部男任せじゃなくて、たまにはデートの計画とかもしてくれると嬉しい』(30歳/医師)

デートの計画や食事の計画などなんでも彼任せにしてしまっていませんか?
男性は疲れてぐったりしているときまでデートの内容に頭を悩ませたくありません。

時には女性自身でデートプランを立てて彼をリードしてあげられるくらいだと男性も会ってくれやすくなります。

彼が疲れているときは、アクティブなデートは控えて温泉やマッサージなどリラクゼーションスポットへのデートがオススメです。

(2)無言でもイライラしない

『疲れてる時に会って、無言になってしまっても静かにそばにいてくれる人。ずっと一緒にいたいなって思いますね』(29歳/企画)

ムリに会話をしなくても、一緒にいるだけで癒される相手というのは長続きするカップルの特徴でもあります。

疲れているときは、会話したくないときもありますよね。
そんな時であってもイライラせずにまったり癒される女性のところになら行きたいと感じる男性が多いようです。

彼の口数が少なくても「疲れているんだな」と察してそっとしておいてあげましょう

(3)美味しいご飯を作ってくれる

『胃袋を掴まれるってホントに最強だなって思います。美味しい料理を作ってくれる彼女は手放したくない!』(33歳/経営)

美味しい手料理は男性にとってトップクラスに嬉しい「回復アイテム」です。

とっておきの外食も特別感があって素敵ですが、自宅で温かい家庭料理を作ってくれる女性のところから男性は離れることはできません。

彼にご馳走するなら、おしゃれなSNS映え料理よりも、生姜焼きや唐揚げ、ハンバーグなどお味噌汁の合いそうな家庭料理が喜ばれますよ!

(4)見た目が癒し系

『モデルみたいに個性的でオシャレな人も憧れるけど、やっぱりずっと一緒にいたいのは癒し系の子かな』(30歳/コンサル)

バリっとしたオフィススタイルや、スポーティファッション、派手な見た目の個性的なファッションなどどれもおしゃれな格好ですが、疲れているときに目にするには少々ツライものです。

逆にふんわりとしたスカートや優しい色合いの服、可愛いルームウェアなど見ているだけで癒されるようなファッションの女性の方が一緒にいて癒されると感じます。

ファッションは自由ですが彼を癒してあげたい、と考えるなら優しい色合いの服も持っているといいですね。


いかがでしたか。

男性が疲れているとき女性に求めるのは、「癒し」です。
一人で静かにしていたいけど孤独はツライ、そんな時に一緒に居たいと思ってもらえる女性を目指してくださいね。

(恋愛jp編集部)