気になる男性とLINEするとき、彼が自分のことを好きになってくれるような努力はしていますか?
LINEの使い方しだいで気になる男性を虜にすることもできるのです。
今回は彼があなたの虜になってしまう魅惑のLINE術4選をご紹介します。

(1)主導権を握る

『誘ったらいつでもOKな子って誘わなくなる……』(24歳/飲食)

簡単に手に入る女性って男性にとってはあまり魅力がありません。
自分が誘えばいつでもOKする女性だと、追いかけたいとも思いませんよね。
いつ誘ってもOKでは、彼を虜にすることはできないでしょう。

そこで彼がもし「今週の金曜日会おうよ」といった連絡をしてきたら、別の日を提案してみて。
「金曜日は都合が悪いから、来週の〇曜日か〇曜日はどう?」というように、自分の都合がいい日に合わせてもらいます。
いつでもOKできるほどヒマではないということで、彼の追いかけたい気持ちに火がつくでしょう。

(2)ハートマークは時々しか使わない

『ハートマークのために頑張っちゃうかも(笑)』(28歳/公務員)

女性からのLINEにハートマークのスタンプがあると男性はドキッとします。
しかし、ハートマークを使いすぎるとありがたみがなくなるので、適度に使うのがポイント。

普段あまり使わない人が大事なときにハートマークを使うことで、彼をドキッとさせることができます。
ハートマークの安売りはやめて、肝心なときに使うようにしましょう。

(3)ダラダラ続けず早めに切り上げる

『足りないくらいがちょうどいい!』(26歳/ライター)

好きな人とはできるだけ長くLINEを続けたいと思う女性もいるでしょうが、だんだんどうでもいい内容になってしまいませんか?
ダラダラ続けたせいで、だんだん楽しくなくなることもあるでしょう。

そこで用件が済めば自分から早めに切り上げるように。
男性に「もう終わり?」と思わせるのがポイントです。
「もう少しLINEしていたかったな」と思わせることで、彼はあなたの虜になるでしょう。

(4)たまには既読スルーも

『マイペースな子の方が魅力的』(30歳/映像)

気になる彼からLINEがきたら、嬉しくてすぐに返信したくなりませんか?
「待たせて嫌われたくない」という気持ちもあるでしょう。
しかし、仕事中でも食事中でも、彼のLINE最優先では彼を虜にするのは難しいもの。

逆に「仕事中のはずなのに返信できるの?」と仕事への態度を疑われてしまうかもしれません。
休憩時間に既読をつけてしまっても、後から「仕事中だったから返信できなくてごめんね」とLINEしておけば大丈夫。

既読スルーされると彼は心配になるでしょうが、返信がきたときの喜びは大きいです。
毎回故意に既読スルーするのは信用を失ってしまいますが、忙しいときは無理して返信しなくても既読スルーする方が彼を虜にできるでしょう。


男性が虜になるのは簡単に落ちない女性です。
好きな男性を逃したくない気持ちから都合のいい女になりがちな女性もいるでしょうが、それでは彼が追いかけてくれません。
彼に依存しない魅惑のLINEで彼を虜にしてしまいましょう。

(恋愛jp編集部)

ライン記事をもっと読む