好きな男性にあえて好きバレLINEを送っている女性は多いのではないでしょうか。
でも好きバレLINEは両想いの場合に有効!片思いの場合は恋の成就は逆に遠ざかってしまいます。
気を付けなければならない好きバレLINEについてみていきましょう。

(1)普段から想いを伝えるような内容のLINEを送る

『自分の方から相手にその気がないと面倒なだけ』(28歳/エンジニア)

積極的な女性にありがちなLINEです。
恋人が行くようなイルミネーションなどの場所に誘う。
声が聞きたいというLINEを送り、通話をすることに。

相手もあなたのことが気になっていたなら、進展するのも早いでしょう。
そのあたりの見極めはすごく重要です。
何度かアピールをして相手の反応が薄いと感じたら、いったん引くことがおすすめ。
相手に気がなかった場合、積極的にいくとどんどんあなたのことが重くなっていくからです。

(2)質問しすぎる

『聞かれすぎると、答えるのが面倒に感じる』(25歳/商社)

男性のことが知りたいですものね。
質問が多くなるのも分かります。

でも一つの質問に対して深く分かろうとするほうが相手に興味があるように伝わりますよ。
相手の返信を待たず質問ばかり送ってしまうと興味より、男性を好きという気持ちのほうが強く伝わることがあるのです。
あなたに興味がない男性からするとそのようなLINEは面倒に思われます。

(3)連続で送る

『あまりにも多いと返信するのが苦痛だし、LINEすら見なくなるかも』(30歳/サービス)

連続で送れば送るほど、男性は返信しなければならない内容が多くなりますよね。
律儀にすべてに対して返信してくれる男性はそう多くありません。

しかも女性は送った質問の中でもこれだけは返してほしいなという重要な質問があったりしますよね。
だったらその質問だけを送っておいたほうがよさそう。

連投して送ると、男性は携帯を見たときにまずめんどくさいと思うからです。
簡単に答えられそうな質問だけ答えようとするでしょう。
でも返信してくれるだけまだまし。
そのうち既読スルーされちゃいますよ。

(4)男性となんの関係もない自分情報

『気になる子からくると嬉しいけれど、そうでもない限りは反応に困る』(26歳/公務員)

逐一自分の近況を報告するLINEもあなたに関心のない男性からは敬遠されることに。
せめて情報を送るのは男性の興味のある内容にしましょう。

男性がお肉大好きな人なら、「こんなお店行ってきたよ!おすすめ!」と食事前の写真付きで送る。
その後LINEの展開によってはそのお店に一緒に行くことになっちゃうかもしれません。

あなたや行ってきた場所に興味のない男性にとって、行ってきました報告をされるのは毎回反応にも困り苦痛です。
せめて男性も好きそうな場所に行ったときのみにしましょう。


相手があなたに好意も興味もない場合、しつこい好きバレLINEは敬遠されます。
「興味がないのに連絡をとるのが申し訳ない……」と男性に思われたら返信を控えられる可能性が。
数回のLINEで男性の反応を見て、いったん引くことも大切です。

(恋愛jp編集部)

ライン記事をもっと読む