冬のあったかアイテムといえば、やっぱりファーが定番ですよね。
特にこの冬に注目しておきたいのは、可愛さが引き立つファーマフラー。
今回は、彼が守ってあげたくなる「あざと可愛い」ファーマフラーを使ったコーデをご紹介します。

(1)ファーマフラー×ファーコート

『ファー同士だけれど、意外と合わせやすい』(26歳/アパレル)

ファー同士の組み合わせで避けられがちですが、意外と良い組み合わせになることが多いファーマフラーとコート。
もこもこな感じが可愛らしく、まさに守ってあげたいと思われるあざとさは抜群。
ピンクやベージュ、白などの女性らしい色を選べばさらに可愛らしさは増します。

着ぶくれが気になる人は、ボトムスをすっきりまとめると良いでしょう。
黒スキニータイトスカートなどにまとめ、ヒールパンプスを履くとさらにコーデが締まって見えます。

(2)ファーマフラー×ノーカラーコート

『上品にまとめられる』(28歳/保育士)

ノーカラーコートは襟がないためシンプルがゆえに、ファーマフラーがとっても映えやすいんです。
もともとファーが付いているコートや襟のしっかりしているタイプはマフラーが合わせにくいのが難点。

ですがノーカラーコートなら、ファーマフラーも組み合わせに困らないはずです。
ノーカラーコートは女性らしくエレガントな服装とよく合います。
エレガントな印象の強いファーマフラーとの相性も抜群でしょう。

(3)ファーマフラー×ニットワンピ

『冬にしかできないコーデ』(24歳/金融)

女性らしさが光る冬のアイテムといえば、ニットワンピは定番ですよね。
ニット素材で可愛らしいからこそ、ファーマフラーとの相性は非常に良いです。

特に組み合わせるなら無地のシンプルニットワンピがおすすめ。
ふわふわとしたファーがちょうど良いコーデのアクセントになるでしょう。
シンプルでも可愛らしくコーデをまとめることができます。

(4)ファーマフラー×パーティードレス

『エレガントな感じに見せることができる』(29歳/営業)

ファーマフラーは、実はパーティードレスとの相性も抜群に良いんです。
もともとファーはラグジュアリーな印象をプラスしてくれるアイテム。

フォーマルな服装をより豪華なものに仕上げてくれるはずです。
冬のパーティーシーンでいまいちコーデにアクセントが足りないと思ったら、ファーマフラーを追加してみましょう。

黒はより大人可愛らしさを、白はさらにあざと可愛らしさプラスしてくれるはず。
パーティードレスがより女性らしく豪華な印象になるでしょう。


いかがでしたか?
ファーマフラーはふわふわでもこもこな感じが、女性らしさと可愛らしさをプラスしてくれます。
冬のコーデをさらに可愛らしく仕上げたいと思ったら、ぜひこの冬はファーマフラーであざとさを演出していきましょう!

(恋愛jp編集部)

ファッション記事をもっと読む