プチプラのブランドが、最近はとても流行っていますよね。
プチプラでもお洒落で可愛いアイテムはたくさんあるもの。
しかし、使い方を間違えると、男性でもわかる安っぽいコーデになってしまいます。

そこで今回は、男性にも見破られる「安っぽコーデ」4つをご紹介します。

(1)アレンジなしで着る

『服は、自分でアレンジしてなんぼだと思う。そのまま着ていると、着られている感がある』(34歳/アパレル)

プチプラのアイテムを買っても、お洒落に着こなせるかはあなた次第
物によっては、プチプラの服をそのままきると、安っぽコーデになってしまいます。

シャツの袖をちょっとまくってみたり、ボタンを一つ外してみたり。
そんな小細工だけで、プチプラ感がなくなります。
お洒落上手な人は、アレンジ上手ということを覚えておきましょう。

(2)アクセが適当

『同じ服でも、アクセサリーによっては全然違う服に見えることがある』(25歳/SE)

服を決めたら、コーデ完成!というわけにはいきませんよね。
コーデは、小物やアクセをどう合わせるかによって変わってくるもの。

小物やアクセも手を抜かず、服に合うものを選びましょう。
すると、プチプラの服が不思議と高級感のある服にも見えてきますよ。

(3)色がごちゃごちゃしている

『可愛いと思った色を合わせすぎて、なんかごちゃごちゃと安っぽいコーデがある』(33歳/人事)

可愛いや好き!という色があるだけで、コーデをしていませんか。
単品なら問題はなくても、合わせ方によってはごちゃごちゃとしてしまうことがあります。

プチプラでも素敵に見せたい時は、シンプルイズベスト
色を統一したり、モノトーンで合わせるといいでしょう。
色をいれるときは、差し色にするのもおすすめです。

(4)ペラペラ素材の服

『ふわっとした感じがいいのかもしれないけど、物によってはペラペラでプチプラ感満載の人がいる』(29歳/企画)

プチプラの服を選ぶとき、素材に気をつけて買い物をしましょう。
シフォン素材のものは特に、可愛い印象もありますが、ペラペラに見えてしまうことも。

さらに、シャツもスカートもシフォン素材にすると、安っぽいコーデのできあがり。
同じ素材を合わせるのではなく、コットン素材を取り入れるなどするといいでしょう。


いかがでしたか。
プチプラの服は、お手頃でお洒落なアイテムも多いもの。
安っぽいコーデに見えるかどうかは、あなた次第なので、一工夫を忘れずにしましょう。

(恋愛jp編集部)