ロマンティックな空間でセックスしたい人にオススメなのが「キャンドルセックス」です。
はじめてのセックスでも、マンネリ解消のセックスでも、キャンドルを使ったムードたっぷりのセックスは女性にとって嬉しい演出ですよね。
今回はキャンドルセックスの魅力について4点ご紹介します。

(1)ほどよい暗さでセクシーなムードに

『真っ暗だと顔が見えなくて寂しいし、明るすぎると恥ずかしいし、ちょうどいい明るさでムードもあっていい!』(31歳/広報)

セックスのとき、電気をつけたまましたがる男性も多いですが、明るい部屋では裸が丸見えになって女性は恥ずかしいですよね。
しかし電気を消して真っ暗にしては、彼女の体が見たい男性にとって残念でしょう。
そこでオススメなのがキャンドルセックスです。

暗い部屋に灯されたキャンドルの明かりなら、恥ずかしさも軽減されるでしょう。
しかも部屋の電気と違ってムード満点
香りで気分を高めるために、アロマキャンドルを使うのもオススメです。

(2)非日常的でエロティックな気分に

『普段とはちょっと違った雰囲気がエロくていい!気持ちが盛り上がる』(29歳/コンサル)

日常生活では電気を消してロウソクで部屋を照らす機会ってあまりないですよね。
部屋を真っ暗にして複数のキャンドルで照らすのは、非日常的な気分を味わえます。
しかもその非日常的な空間でセックスするということがすごくエロティック

普段とは違う演出で、お互いに高揚する気分を味わえるでしょう。
いつもは受け身になりがちな女性でも、非日常的なキャンドルセックスなら大胆になれるかもしれませんよ!

(3)光がゆらめいて幻想的

『間接照明とは違った光だから、すごくロマンチック!』(29歳/不動産)

キャンドルの光は微かな風でもゆらめくので、キャンドルセックスは幻想的なムードに包まれます。
ゆらめく光が体に映り、興奮も増すでしょう。
まるで儀式をおこなっているような雰囲気なので、2人の絆も増しそうです。

(4)壁に映る2人のシルエットに興奮

『2人の繋がってる姿が壁に移っててすごくエロい』(28歳/アパレル)

真っ暗な部屋でキャンドルを灯すと、2人がセックスしているシルエットが壁に映ります。
自分たちのエッチな動きが壁に映し出され、それを見ながらセックスするなんて興奮しますよね。

とくに騎乗位の彼女の動きには、彼氏も興奮を抑えきれないでしょう。
女性も自分自身の動く姿が壁に映しだされると、いつもより激しく乱れてしまいそうですね。


キャンドルセックスは、セックスがマンネリ化してきたカップルや、2人でもっと快楽を追求したいカップルにオススメです。
火を使うので置く場所はベッドから少し離し、くれぐれも注意しておこなってくださいね。
非日常的なキャンドルセックスで、いつもとは違ったセックスを試してみてください!

(恋愛jp編集部)