まさかこんなテクニックが?!モテる女子はこんなLINEの返信をしていました!
男性にとても効果的なLINEの返信方法をお伝えします。
モテる女子がしているLINEの返信の仕方を今すぐ真似して男性ともっと仲良くなっちゃいましょう。

(1)夜のLINEではあえて途中から既読をつけない

『自由でかわいいなと思っちゃう』(25歳/福祉)

LINEのやりとりの途中で寝てしまったことにするのです。
自然に次の日LINEを再開するテクニック。
「寝ちゃった!ごめんなさい」
このように迎えた朝にLINEをすることでまた会話を継続することができるのです。

しかもいきなり途切れさせることで、「寝たのかな?」と男性にあなたのことを考えさせちゃう
話すネタを考える必要もなく自然にLINEを再開できるのでオススメ。

(2)適度に質問系でLINEを送る

『あんまり質問責めだと面倒……』(29歳/人事)

あまりに質問攻めをすると男性にめんどくさいと思われてしまいます。
質問は適度に送り、送った内容に返信が来たらその内容を膨らませるようなLINEが良さそう。

知りたいことがたくさんあるからこそ質問を連続して送ってしまいますよね。
でも質問に返信して、また新たな何の脈絡もない質問メールがくると、きっと「さっきの話終わり?」と感じるのでは……。

質問攻めをしたからといって、必ずしも相手に興味があることが伝わるとは限りません。
それよりも一つ質問をしたならば、その話を深堀りしたほうが確実に関心があることが伝わります。

(3)男性とのLINEで話題に上った場所に行ってきた報告

『わざわざ行ったんだ~って思う反面、誰と行ったのか気になるかも!』(22歳/会社員)

男性が「みんなでワイワイしながら遊園地行ってきたよ!」とLINEで話したとします。
あなたはのちに「私も教えてもらって気になってたから行ってきたよ」と写真付きで報告します。

その場所が遊園地以外だとしても恋人と行くことがあり得そうな場所であるほど効果的です。
例えばイルミネーションとか、おしゃれなレストランとか、動物園、遊園地……。

ポイントは「誰と」の部分を言わないこと。
誰と行ってきたんだろうと悶々とさせちゃうわけです。

(4)考える時間を与えないように短文で送信

『LINEで余計な会話はあまりいらない』(32歳/金融)

返信に困らせないようなLINEを送りましょう。
内容を考えなければいけないとなると「あとでいいか」と後回しにされてしまいます。
内容の濃さよりも、返信しやすい中身を心掛けて。

忙しい男性ほど他に考えなければいけない大事なことが山ほどあります。
返信が欲しいなら、短文を送ることに徹しましょう。
男性が見る携帯の画面がごちゃごちゃしないように、言いたいことがたくさんあるときは二回三回に分けて送るといいですね。


LINEの返信の仕方にはコツがあります。
しっかりマスターして、ストレスを与えることなく気になるあの人と楽しくやりとりしたいですね。
きっとあなたと彼にとってLINEの時間がさらに楽しくなるでしょう♡

(恋愛jp編集部)