せっかくのドライブデートに誘われても、気遣いが足りなければ「もう彼女は車に乗せたくない」と思われてしまうかもしれません。
楽しいデートを台無しにしてしまうNG行動にはどんなものがあるのでしょう?
ドライブデートで降ろされそうになってしまうNG行動4選をご紹介します。

(1)彼の運転に口出しする

『お前が運転しろ!ってなるよ』(29歳/不動産)

男性は、ドライブデートで運転するカッコいい姿を見せたいと思っています。
それなのに助手席から運転に対する指示や批判を投げかけると、彼は嫌な気分になってしまうでしょう。
彼がよほど危険な運転をしているのではなければ、横から口出しするのは避けて。

(2)スマホばかり触っている

『何しに来たの?』(31歳/飲食)

普段からスマホが手放せず、LINEのチェックばかりしている人もいますよね。
しかし、ドライブデートのときくらいスマホはバッグにしまっておきましょう。
自分が運転している隣でスマホばかり触っていると、彼も不愉快に。

ドライブデートに限ったことではありませんが、スマホばかり触っているのは相手に対して失礼です。
運転している彼が眠くならないように、おしゃべりしたり飲み物を渡したりなど、一緒にドライブを楽しむようにしましょう。

(3)食べこぼす

『コーヒーやジュースをこぼすとかも、内心ありえないと思ってる』(32歳/公務員)

長時間のドライブデートでは、車内でお菓子や軽食を食べることもあるでしょう。
しかし、車の中に食べこぼすと彼はイライラしてしまいます。

車の中をいつもきれいにしている男性も。
特に車を大切にしている人は、食べこぼして平気な顔をしている彼女に苛立つでしょう。
車内で食べるお菓子はあまりこぼれず食べやすいものを選んだ方がよさそうですね。

(4)寝てしまう

『寝ちゃうのは安心してくれてるんだと思うんだけど、毎回だとムカツク(笑)』(28歳/マーケティング)

ドライブデートの帰り道は、助手席に座っているとウトウトしてしまいがち。
しかし、彼だって疲れているのに運転してくれているのです。
「寝てていい?」なんて言うのは論外。

眠そうなあなたを見て、優しい彼氏なら「寝てていいよ」と言ってくれるかもしれません。
しかし、できれば寝ないで起きていたいものです。
彼に「疲れてない?」「ずっと運転してくれてありがとう」といった気遣いの言葉をかけられるようになりたいですね。


楽しいドライブデートのはずが、車内での行動で彼をガッカリさせてしまうこともあります。
彼に「またドライブデートしたいな」と思ってもらうには、運転してくれている彼への気遣いが必要です。
ドライブデートがきっかけで嫌われてしまわないように、NG行動を慎みましょう。

(恋愛jp編集部)