デートでは、好きな人や彼に少しでもキュンとして欲しいですよね。
でも頑張りすぎると空回り。
必要なことは対応力!彼のリードに任せながら、ポイントを押さえればOKです。
そこで今回は、男が惚れる「デート中の神対応」について、紹介していきます。

(1)不足の事態も慌てない

『体調が急に悪くなっても、慌てず冷静に対応してくれ、まさに神対応だった』(30歳/コンサル)

どんなにきちんと計画したデートでも、不足の事態はつきもの
そんな時に慌てず対応してくれると、男性は助かるもの。

例えば、急に体調不良になったり、お店の予約が取れていなかったりしても、慌てたり不機嫌になったりしないこと
そして、さりげなくフォローしてくれる、そんな優しさにキュンとします。

彼がデートを計画してくれた場合は、基本男性リードで任せて大丈夫です。
しかし、不足の事態が起こった時は、慌てず彼のプレッシャーにならない対応を心掛けましょう。

(2)なんでも楽しさに変える

『失敗したな~と思うようなことでも、なんでもないことみたいに笑ってくれる』(26歳/不動産)

デートが予定通り進まないことだってありますよね。
行きたいお店が休みだったり、道に迷ったり、渋滞に引っかかったり……。
そんなマイナスの状態でも楽しさに変えてくれる女性は、貴重な存在。

例えば、お店が休みだった場合は、「また次のデートの楽しみができた」や「新しいお店を開拓してみよ」など、プラスの言葉に変換
不機嫌になったり、落ち込んだりすれば、男性にとっても失敗をしたと自己嫌悪になるもの。

どんなデートでも、そこから楽しみを見つけられることが大事。
そして、女性が笑顔で楽しそうにしてくれることが、男性の幸せに繋がりますよ。

(3)会計で男をたてる

『会計後、外でお金を封筒に入れて渡されて、もちろん奢ったけど育ちがイイんだな~と思ったね』(29歳/証券)

永遠のテーマである、デート時の会計問題。
初めてのデートでは、特に対応が難しいところですよね。
割り勘を提案される場合は、そのまま応じれば良いですが、男性が奢ってくれる場合の対応が問題。

会計時は男性にお任せして、お店を出てから対応していきましょう。
きっちり割り勘にする必要はないので、半分くらい会計後に渡します。
この時、封筒を用意しておき、お金を封筒に入れて渡せば好感度アップ。

奢ってくれる場合は、きちんとお礼を伝えましょう。
会計時は男性を立てるけれど、奢ってくれて当然という態度を取らないように。

(4)2人が楽しめるデートにする

『無邪気にはしゃいでるようでも、ちゃんと自分のことを考えてくれる気遣いをされた時』(31歳/SE)

デートは2人が楽しめることが大切です。
どちらかが我慢すれば、楽しくないデートとして印象に残るもの。

男性が自分を楽しませてくれるデートを計画しているなら、遠慮せずに楽しむようにしましょう。
女性が笑顔で楽しんでくれることが、男性の楽しさにも繋がります。
とはいえ、彼がホスト役ばかりを務めるのはNG。

彼の楽しめることも提案して一緒に楽しみましょう。
例えば、女性の買い物に付き合ってくれたのならば、彼の買い物にも付き合うなど。
楽しめることを提案してくれると、さりげない気遣いにキュンとしますよ。


デート中、ずっと頑張らなくても大丈夫。
彼に任せても良いところは任せて、楽しむことが大事です。
そして、重要な部分で気遣いのできる対応力が、株を上げることに繋がりますよ。

(恋愛jp編集部)

カップル記事をもっと読む