今回は、初ベッドインで思わず男性が幻滅した4つのエピソードを大公開!
1つのことがきっかけで彼との距離が危ぶまれる……そんな事態を回避するためにも、男性の幻滅ポイントはしっかり把握しておきましょう。

(1)体がだらしなかった

『脱がせたらお腹のお肉がスカートに乗ってて幻滅……だらしない体しすぎ……』(32歳/営業)

男性は細くてスラリとしたスレンダー体型よりも、少し肉付きがいい健康体の女性を好む傾向にあります。
しかしだらしない体型はNG

男性たちの声を覗いてみると「お腹のぜい肉が気になった」「太ももの太さにゲンナリした」など、厳しい意見が飛び交っています。
「初ベッドインは暗くしてもらうから大丈夫」なんて高をくくらずに、日頃からダイエットは怠らないようにしましょう。

(2)パッドで胸をごまかしていた

『胸の大きいセクシーな女性だと思っていたのにいざベッドインしたら胸がない!どこに行っちゃったの?騙された気分』(29歳/広報)

日頃から胸にパッドを入れている女性は多いかもしれませんね。
「少しでもグラマラスな体型に近づきたい」「胸を強調したい」と思うことは、決して悪いことではありません。

しかしパッドで胸をごまかしていたという事実は男性をガッカリさせる要因になるので要注意!
あると思っていたものがないというのは、意外とショックが大きいものなのです。
小さめのサイズや標準サイズを好む男性も多くいるので、ムリにごまかさず自然体でいることも時には意識しましょう。

(3)上下の下着がバラバラだった

『体型とかはある程度個性があるのは仕方ないと思うけど、下着は自分でどうにかできることなんだからちゃんとしてほしい』(31歳/不動産)

上下の下着がバラバラな姿は、男性たちから大不評です。
女性らしさを感じない」「盛り上がったムードが一気に冷める」といった意見が多く、私生活のルーズさが垣間見えてしまうなんてことも……。

逆に見えない部分もしっかり配慮している女性は、女性としての質が高まり自然と魅力が光ります
彼とデートをする際はとくに意識して、下着のバラつきを防止しましょう。

(4)ムダ毛の処理残しがあった

『多少太ってても、胸が小さくても、そんなに気にしないけど、ムダ毛だけはムリ!処理してきてよ!』(30歳/IT)

男性は女性のムダ毛を極端に嫌います。
とくに初ベッドインの時は、ツルツルでスベスベ肌でいてほしいという願望を抱いている男性が多いようです。

また処理残しと同様に、処理をして時間が経過したチクチク肌も好まれていません。
携帯カミソリは常備して、不測の事態に備えましょう。


男性が初ベッドインでガッカリする要因は、少し注意すれば回避できるものが多いです。
当てはまるものが1つでもある人はさっそく改善して、彼とのラブラブな時間を堪能しましょう。

(恋愛jp編集部)