彼氏に可愛がられる彼女は、やっぱりLINEの送り方やスタンプのチョイスも可愛いもの。
LINEでも彼氏に「可愛いなぁ〜」と思われることがとっても多いんです。
彼氏とラブラブな関係を続けていくためには、かわいいLINEを常日頃から心がけることが大切です!

(1)スタンプがかわいい

『彼女には女の子らしい感じの可愛いスタンプを使ってほしい』(32歳/経営)

かわいいLINEの基本テクは、まずはとにかく可愛らしいスタンプをチョイスすること。
ここで、変なウケ狙いスタンプや、個性の強いスタンプを使うのはNG
まさに女子!という感じの、ネコやウサギなどの小動物系スタンプを使いましょう。

カップル向けに「好き!」という言葉があったり、ハートがたくさん使われているものだとなお良し。
愛され彼女は、そういった可愛い系のスタンプで、こまめに彼に愛情をアピっていくんです。
彼はスタンプが届くたびに、彼女からの愛を感じ取ってくれるはず。

(2)定期的に寂しいアピール

『寂しい寂しいばっか言われてるとめんどくさいなって思うけど、適度なかまってアピールは可愛い』(32歳/美容師)

やりすぎは厳禁ですが、愛される彼女はやっぱり彼を「必要としている」ことを必ずアピールしていきます。
うざったくない程度にちょこちょこ「寂しい」「かまって」アピールをし、彼を求めるんです。
これが彼にとっては、とっても可愛らしく感じられるんですね。

寂しいと言われまくるのはそもそも鬱陶しいことですが、一切言われないのも彼としてはちょっと張り合いがないもの。
寂しがって相手を求めること=愛情ですから、定期的に寂しいアピールは大切なことなんです。

(3)リアクションがいい

『冷めてる反応されるのは寂しいし、リアクションがいい子は話してて楽しい』(29歳/人事)

愛され彼女は、LINEでも非常にリアクションがいいもの。
嬉しいことには顔文字や絵文字、スタンプなどを使って、とにかく嬉しそうにします。
そんな様子が、彼にとってはたまらなく愛おしいものなんです。

デートに対して楽しみな感情をすごく嬉しそうにリアクションしてくれたら、彼もドキドキしますよね。
一緒にいて飽きない彼女とは、このようにリアクションで相手を楽しませるものです。

(4)こまめな挨拶を忘れない

『毎朝送ってくれる彼女からのおはようラインが楽しみで仕方ない』(31歳/企画)

愛され彼女は、こまめな挨拶もいつもかわいく忘れないようにします。
「おはよう」や「おやすみ」は必ず言いますし、仕事後に「お疲れ様」という言葉も欠かしません。

普段の何気ない挨拶も、長い付き合いの中ではつい忘れられてしまいがちなことです。
しかも愛される彼女は、ただ文字で毎日こなすように挨拶するわけではありません。
スタンプなどで毎回バリエーションを出し、彼をしっかり楽しませます


いかがでしたか?
いつまでも彼に愛される彼女になるためには、LINEのやりとりでも可愛さを出せるように工夫することが大切。
ぜひかわいいLINEを意識して、彼とのラブラブ度をもっともっとアップさせていきましょう!

(恋愛jp編集部)

ライン記事をもっと読む