適度な束縛は愛の証として受け取れますが、過度な束縛は2人の信頼関係を壊してしまいます。
どのような束縛が男性に嫌がられるのでしょうか。
今回は、彼女にされたくない束縛についての男子のホンネを、ご紹介していきます。

(1)予定を把握

『いつ誰とどこで何をするか、すごくしつこく予定を聞かれると本当に息苦しくなるのでやめてほしい……』(27歳/アパレル)

彼女から予定をしつこく聞かれることが嫌だ、という男性が多いようです。
彼のプライベートを全て知ろうとしてしまうと、彼はあなたと一緒にいることにストレスを感じて、あなたから逃げ出したくなってしまうかもしれません。

あまりしつこく詮索するのはやめて、彼のプライベートを尊重して信頼してあげられるようになりましょう。
どうしても気になる時には、会話の中でさりげなく聞くなど、彼の負担にならないよう注意してください。

(2)連絡を義務化

『毎日帰ってきたら電話するように言われているけど、仕事で疲れているときや明日早いときは正直面倒くさい……』(29歳/事務)

連絡することを義務化され、できないと怒る彼女にうんざりしている男性も多いようです。
彼と2人の時間を大切にしたい気持ちはわかりますが、彼には彼の生活リズムがあります。
彼の忙しさや、体調をきちんと気遣ってあげられるようになりましょう。

(3)証拠として写真を送らせる

『今何をしているか彼女に聞かれたときに、証拠としてその様子を写真にとって送るよう指示されたことがあります。正直そこまで要求されると返信したくなくなります』(32歳/販売)

証拠として写真を送るよう要求されると、全く信頼されていないことに虚しさを感じたり、うんざりしてしまったりする男性が多いようです。

彼の言葉を信じられないので写真を要求してしまうのでしょうが、それは逆効果です。
事前に写真を用意したり、もはや返信をしなくなるなど、さらに信頼関係が崩れてしまいます。
それよりも「信じているからね」の一言の方が、よっぽど彼の心に響くものです。

(4)家から帰らせない

『帰ろうとするといつも引き止められるけど、本当に急いでいる時もあるので、空気をよんでほしい』(26歳/映像)

可愛く甘えているつもりでも、男性にとっては迷惑になっていることもあります。
男性は社会の一員である自分をとても大切にしています。
彼が仕事モードになっているときは、甘えるのもほどほどにして引き下がることも大切ですよ。


彼女にされたくない束縛についての男子のホンネは、いかがでしたか?
「彼のことを束縛しすぎているかも」と感じた方は、少し彼への接し方を見直した方が良いかもしれません。
自分の時間も彼の時間も大切にできる大人な女性になりましょう。

(恋愛jp編集部)

カップル記事をもっと読む