男性はブランドファッションに身を包んだ女性とプチプラファッションに身を包んだ女性のどちらがお好みなのでしょうか。
今回は、彼らの本音を交えながらそれぞれを支持する意見に着目していきたいと思います。
プチプラを愛する女性もブランドを愛する女性も必見です!

(1)プチプラ派「一緒にいたら楽しめそう」

ブランド品で身を固める女性を冷ややかな目で見ている男性は、非常に多いです。
「付き合ったら大変そう」「自分の手に負えなそう」「ワガママそう」なんてマイナス意見が、数多く寄せられてきました。

一方、プチプラファッションに身を包んでいる女性に対するイメージは上場な模様。
「お金のかからないデートでも楽しんでくれそう」「親しみやすい」という声がたくさん挙がっています。

ありのままの自分を受け入れてくれそうな女性に安心感を覚える男性は多いので、プチプラファッションに身を包む女性の評判も良いのかもしれませんね。

(2)プチプラ派「将来像が浮かびやすい」

プチプラ派の男性からは、「経済観念がしっかりしていて良い」という声も寄せられています。
限られたお金でオシャレを楽しんでいる姿に好印象を抱く男性は多いようです。
「お嫁さんにしたい」「金銭管理を任せたくなる」なんて将来に関する話題も飛び出してきたので、本命の座を射止めたい人は参考にしてみるといいかもしれませんね。

(3)ブランド派「女性であることを楽しんでほしい」

「20~30代は外見にお金をかけるべき」「女性であることを楽しんでほしい」という理由から、ブランドファッションを支持する男性は意外と多いようです。
「安さばかりに気を取られているのはおばさんくさい」なんて意見もあったので、「この服安かったんです」とオーバーにアピールするのは控えた方がいいかもしれませんね。

(4)ブランド派「安っぽいのは嫌」

「いかにも安っぽい服は嫌だ」という理由から、ブランドものを支持する男性もいました。
プチプラは高見えしてこそ魅力が光るもの。
ただ安いだけではオシャレ度はいつまで経ってもアップしません。
アクセサリーやバッグ、靴といった小物類にも気を配って、高見えコーデを意識しましょう。


彼らの本音を覗いてみると、プチプラとブランドではプチプラを支持する男性の方が圧倒的に多いようでした。
しかし、明らかに安っぽく見えるファッションはプチプラ派の男性も好まない模様。
プチプラだけどプチプラに見えないファッションを意識して、オシャレを目一杯楽しみましょう。

(恋愛jp編集部)

ファッション記事をもっと読む