「少し彼の様子がおかしいような……」
もしかすると、キープされているのかもしれません。
今回は、男が「キープ女子」に取る行動について、ご紹介していきます。

(1)友達に紹介しない

『ちゃんとした彼女じゃないと友達には紹介できない』(27歳/美容師)

友達に会わせない、会いそうになると避ける、頼んでも会わせてくれない、といったように必死で会わせないような態度をとられているなら、キープされている可能性大です。

本命の彼女がいることを友達には伝えているため、あなたと友達が会うとそのことが明るみになってしまうのかもしれません。

しかし、男性の中にはあまりプライベートを友人に見せたくない、というタイプの人もいます。
その場合は本命彼女であっても紹介したがらないので、彼の性格をよく考えてみてください。

(2)受け身の態度

『とりあえず今は付き合ってる子がいないから誘われたらデートします』(29歳/飲食)

いつも女性側からばかり連絡している、という場合はキープされているかもしれません。
女性をキープしている男性の中には積極的にキープをしているのではなく、相手からのアプローチを拒まない結果、キープ女性をつくってしまった、という人もいます。

アプローチをしたのも女性、デートの約束の連絡をするのも女性、普段の連絡も女性から、ということであればもしかすると彼には本命彼女がすでにいるかもしれません。
こちらも男性の性格によっては、もともと自分から動かないという人もいるので、彼の性格をよく見極める必要があります。

(3)話を覚えていない

『何人かとデートしてると記憶が曖昧になります』(28歳/不動産)

「この前も言ったんだけど……」なんてことが多い場合は、キープされている可能性が高いです。

一緒に行った場所や、話したことなど、彼の記憶が曖昧であれば疑って良いでしょう。
本命彼女とキープ女性との記憶がこんがらがってしまい、何度も同じ話をしてしまうのも特徴的です。

(4)おうちデートばかり

『お金使いたくない時はおうちデートって決めてます』(35歳/広告)

おうちデートはお金も時間もかからないし、デートを考える手間もないので、キープ女性とはおうちデートが多い、という男性が多いようです。
また、外に出れば知り合いに会う可能性もあるため、外出はしたがらないのも特徴です。

おうちデートはのんびりできるから好きだという男性も多いですが、あなたが外デートを提案しても何かと理由をつけて断るようであれば、キープされているかもしれません。
記念日やイベントの時もおうちデートをしたがるようであれば、可能性はかなり高いです。


男が「キープ女子」に取る行動は、いかがでしたか?
あてはまるものがあったという方は、残念ながらキープされているかもしれません。
彼とどうなりたいのかをよく考えてみましょう。

(恋愛jp編集部)