お付き合いしていると、言わなくても分かってくれると思い、気持ちを伝えることを怠ってしまいがち。
しかし、気持ちは言葉で伝えないと伝わらないもの。

彼から言われると嬉しい言葉があるように、男性だって彼女から言われると嬉しい言葉があります。
そこで今回は、男が彼女に「言われたいセリフ」を、紹介していきます。

(1)「大好き」

『何度言われても嬉しいに決まってる』(28歳/営業)

ストレートな愛情表現は、伝えられると嬉しいセリフ。
お付き合いしていても不安に感じる時ってありますよね。
愛情表現は色々ありますが、言葉で伝えることが一番確実。

恋人同士なのだから、好きなのは当たり前と思って伝えないと、マンネリへの第一歩に繋がるかも……。
気持ちを伝えていない人は、ぜひ彼に伝えてみて下さい。

「大好き」が恥ずかしくて言えない人は、「〇〇くんのそういうところが好き」や「だって好きなんだもん」と甘えるように伝えてみましょう。
軽い感じでもOKなので、「好き」という言葉をなるべく使っていくと良いですよ。

(2)「嬉しい」

『嬉しいと思ってくれるなら、またしてあげたいって思うよね』(26歳/サービス)

男性はいつだって彼女が「嬉しい」と感じることをしてあげたいと思っています。
それは、自分といることで彼女が幸せに感じて欲しいから。
女性だって同じですよね。

彼があなたのために何かしてくれた時は、「ありがとう」というお礼の言葉も必要ですが、「嬉しい」も合わせて伝えましょう。
彼女が喜んでくれていると分かる言葉は嬉しいもの。
逆に反応がないとガッカリします。

彼女が「嬉しい」と思ってくれることは何度もしてあげたくなるので、女性にとってもお得なこと。
「嬉しい」と感じた時は、積極的に伝えていきましょう。

(3)「会いたかった」

『お互い忙しくて会えない時が続いて、やっと会えた時に言われて、愛されているんだなと幸せな気持ちになった』(29歳/企画)

「会いたかった」は、「好き」と同じくらい愛情を感じるセリフ。
「いつもあなたのことを想っている」と伝えられる万能な言葉です。
しばらく会えなかった時などに伝えるようにしましょう。

会えなくても平気、大丈夫と思われるより、会いたかったと思われるほうが嬉しいもの。
イイ女を演じて平気なフリをするより、素直に「会いたかった」ことを伝えてみて。

彼とのデートで待ち合わせの時に一番に伝えると効果的。
もちろんその時は、笑顔で伝えて下さいね。

(4)「帰りたくない……」

『彼女から誘われているようで嬉しくなる』(30歳/証券)

男性にとって、一度は言われてみたいセリフ。
デート終わりに言われるとキュンとなるもの。
もっと一緒にいたいこと、離れたくないこと、デートが楽しかったことなど、この言葉でたくさんのことを伝えられます。

お泊りOKな時に伝えてみて。
「今日は楽しかったからまだ帰りたくないな」や「離れるのが寂しいから帰りたくなくなっちゃう」など。

次の日予定がありお互いお泊りNGな時は、「まだ帰りたくないけど帰らないとね」と伝えてもOK。
切ない気持ちや好きな気持ちが伝わり、彼は愛されている実感が沸きますよ。


思っていることは言葉で伝えないと伝わりません。
もしかすると、彼は愛されているか不安に感じているかもしれません。
最近伝えてないなと思ったら、今日からでも「言われたいセリフ」を伝えてみましょう。

(恋愛jp編集部)