冬のコーデに多いのが、モノトーンコーデ。
モノトーンコーデだと、なんだかアクセントに欠ける……と思うことってありますよね。
そんなときにおすすめなのが、メイクを少し変えること。

今回は、モノトーンコーデに映える「色っぽメイク」をご紹介します。

(1)ベースとなるのは、マット肌

『もう毛穴がない!みたいな綺麗な肌の子は、やっぱりずっと見ていたくなる』(25歳/営業)

メイクで一番大事といえるのが、ベースメイク
あなたのお肌がどのように見えるかで、男性に対する印象も変わってきます。
モノトーンコーデに合うのが、マット肌

陶器肌は、落ち着いた大人の印象を与え、お色気アップ!
化粧下地をしっかりと塗り、綺麗に仕上げていきましょう。

(2)ブラウンシャドウで大人っぽく

『目元がピンク系とかだとやっぱり可愛い子にしか見えない。ブラウン系は大人って感じ』(30歳/IT)

大人っぽいメイクに仕上げたい時は、ブラウンシャドウを使いましょう。
上品な印象を与え、誰に対してもいい印象のあるブラウンシャドウ。
ちょっと赤みのあるブラウンだと、色気も加えることができます。

そして、アイラインもしっかりと引きましょう。
ちょっとシャープさを出すように、アイキャットするのがおすすめです。

(3)ストレートな眉メイク

『キリっとした感じの眉毛だと、やっぱり大人な感じがする』(27歳/広報)

眉毛を変えるだけで、あなたの印象はガラッと変わるもの。
そのため、大人な色気を出したい時は、ストレートな眉メイクにしましょう。

眉頭を強調し、眉マスカラで立体的に仕上げていきます。
あまり濃くしてしまうと、眉毛だけが浮いてしまうので要注意。
色は、肌なじみのいいように、ブラウンがおすすめです。

(4)ベージュリップで上品に

『赤とかのリップもいいけど、大人の雰囲気があるのはベージュ系かな』(33歳/アパレル)

リップと言えば、赤やピンクを選ぶ人が多いでしょう。
もちろん無難な色でいいですが、色気を出すならベージュがおすすめ!

ヌーディーカラーは、上品な雰囲気に魅せてくれます。
ちょっとベージュに抵抗がある場合は、ベージュピンクでナチュラルに仕上げてみましょう。


いかがでしたか。
ちょっとした工夫で、モノトーンコーデに映えるお色気メイクができます。
冬も大人の雰囲気で男性を落としたいなら、これらのコツを試してみましょう。

(恋愛jp編集部)

診断バナー