男性は女性に癒しを求めるので、一緒にいて疲れる女性を好きにはならないようです。
一緒にいて疲れる女性と癒される女性には、様々な違いがあります。

女性としても、男性を疲れさせるより癒したいと思いますよね。
そこで、男性が「疲れる女性」と「癒される女性」のちがいについてご紹介します。

(1)ネガティブ思考な女性は疲れる

『そんなことないよって言うのも疲れてくるよね……』(29歳/公務員)

一緒にいるとき、ネガティブな発言が多い女性っていますよね。
そんな女性は、男性を疲れさせてしまうようです。
特に男性が悩んでいるときには、ポジティブな意見で励ましてあげると元気が出るもの。

逆に、ネガティブな意見を言われると、相談したくなくなりますよね。
男性を疲れさせる女性と癒すことのできる女性には、ネガティブかポジティブかという性格の問題が大きく影響しているようです。

(2)笑顔が多い女性は男性を癒す

『彼女の笑顔を見るだけで、疲れが吹っ飛ぶ!』(26歳/会社員)

女性の表情は男性にとって最大の癒しと言っても過言ではありません。
デート中笑顔が少ない女性は、つまらなそうに見えますよね。
一方笑顔が多い女性は、常に楽しんでる印象を与えます。

そんな女性に、男性は癒され、疲れていても会いたいと思うみたい。
明るい笑顔は女性の武器になるので、彼には特別かわいい笑顔をみせるよう心がけましょう。

(3)よく怒る女性といると男性は疲れる

『女の子の怒りのスイッチがわからない……』(23歳/福祉)

短気な女性は、男性と一緒にいてもイライラして怒り出すことが多々あるようです。
よく怒る女性は、男性に気を使わせてしまいます。
そんな女性と一緒にいても、男性は癒されるどころか疲労が蓄積することも。

感情表現豊かなことは悪いことではありませんが、怒りの感情はできるだけ出しすぎないことをオススメします。
男性を癒すためには、怒りの感情より喜びの感情を全面に出していきましょう。

(4)自分の意思表示ができる女性に男性は癒される

『なんでもこっちに任せてくる子って疲れる』(27歳/広報)

優柔不断ではっきりしない女性は、男性を疲れさせる傾向にあります。
自分の意思をしっかりと伝えられる女性は、デートの際に男性を楽しませることができます。

全て男性の意見に委ねると、相手を疲れさせてしまうことも。
そのため、きちんと意思表示ができる女性のほうが男性を楽しませ、癒すことができるようです。


男性は一緒にいて疲れる女性とは、付き合いたいと思いません。
そのため、意中の男性にはより多くの癒しを与えるよう日頃から意識することが大事なのではないでしょうか。

(恋愛jp編集部)