彼にLINEしても返事がなかったらつまらないですよね。
せっかく送るなら、思わず返信したくなるようなLINEを送りませんか?
彼が思わず構いたくなるLINE4選をご紹介します。

(1)短文で答えやすい質問

『簡潔な内容ですぐに答えられるものなら気軽に返せますよね』(27歳/企画)

男性が読みたくなるLINEは短文のものです。
長文のメッセージは見ただけで「読みたくない」「返信しない」という人もいますので、短文であることは基本中の基本と思っておきましょう。

また、内容が答えやすい質問であれば、即返信をくれるでしょう。
しかし、少し考えなくては答えられない質問や、質問の羅列は面倒に思われてしまいます。

たとえば「もう仕事終わった?」「明日は仕事?」といった質問なら深く考えずに答えることができます。
基本的に1つのメッセージに質問は1つにして、聞きたいことが多い場合は会った時に聞くか電話にした方がよいでしょう。

(2)体調を気遣うLINE

『最近仕事で忙しかったんだけどそんな時に来た体壊さないでねってLINEは沁みたね』(31歳/販売)

仕事が忙しい彼には、「最近忙しそうだけど体調は大丈夫?」というように、気遣うメッセージを送ることで、男性はすぐに返信したくなります。
自分の体を気遣ってくれる人がいるのは嬉しいことですよね。

昨日のデートで彼が風邪気味だったとすれば、「風邪の具合はどう?」と心配する一言を。
体調を心配してくれる彼女がいることに彼は喜びを感じ、すぐにでも返信したくなるでしょう。

(3)彼の得意分野について

『困った時の俺みたいな感じでパソコンから家電の取り扱いまで電化製品なら何でも聞いてくる』(28歳/インテリア)

男性は女性に頼られると嬉しくなってしまいます。
彼の得意分野について質問してみると、すぐに構ってくれるでしょう。

自分の得意分野を教えてあげて感謝される、そのことが男性の自尊心をくすぐります
得意な分野なら質問されてもすぐに答えられるし、むしろどんどん質問してほしいくらいでしょう。
自分の話よりも彼の得意分野についての話の方が、きっとすぐに返信したくなりますよ!

(4)デートの会話の続き

『さっきまで会ってたのにLINEでもその続きをしたりするのは帰り道の楽しみ』(35歳/公務員)

デートで話したことの続きなら、彼は思わず構いたくなるでしょう。
一度終わった会話をまたLINEで始めるということは、自分との会話がよほど楽しかったということになりますよね。

デートで盛り上がった会話の続きなら、彼も返事をしやすいでしょう。
お互いに興味が持てる話題なら、LINEのやりとりも楽しいまま長く続きそうです。


既読スルーを避けるには、彼がすぐ返信したくなるようなメッセージを送るのがポイントです。
彼が興味を持つ内容なら、返信を後回しにしたりしないでしょう。
彼が構いたくなるようなLINEを送って、楽しくやりとりしましょうね!

(恋愛jp編集部)