彼とエッチしたくなったら、どのように誘っていますか?
お付き合いしていても、「エッチしよ!」とはなかなか誘いにくいですよね。

言葉がムリなら、態度で示せばOK。
そこで今回は、男をメロメロにする「彼女のHしたいアピール」を、紹介していきます。

(1)バックハグからのキス

『彼女からのバックハグはたまんない。たまにしかしてくれないからドキドキ感がある』(31歳/SE)

彼女からバックハグされて、嬉しくない男性はいません。
特に不意打ちのバックハグは、ドキドキするもの。

彼に体をピッタリくっつけるようにバックハグして甘えてみましょう。
彼女から甘えられると嬉しくなるもの。
そして、彼が振り向いたら女性からキス。

これで誘われたことが分からない男性はいないもの。
言葉で誘わないぶん、態度ではしっかり表すことが大事
いつもより少し積極的に、彼を誘惑してみて。

(2)膝の間に入って甘える

『くっついて甘えてきたら襲うに決まってる』(29歳/商社)

彼がテレビを見ている時など他のことをしている時、構って欲しいように膝の間に入っていきましょう
座った状態で彼があなたをバックハグするような場所に入っていきます。
そして彼に甘えれば、彼もイチャイチャモードに!

毎回構ってちゃんでは面倒ですが、エッチしたい時は構ってちゃんになるって、最高に可愛い演出です。
何度もしていると、エッチしたいサインと彼も分かってくれます。

普段甘えられない人ほど、この方法はおススメ。
たまには甘えて欲しいと男性は思っているので、彼の要望を叶えてあげて。

(3)ベッドでテレビや映画を観る

『彼女からベッドに誘ってくれるのは嬉しい』(27歳/サービス)

テレビや映画を観る時、「ベッドで観よう」と誘ってみましょう
他の理由であれ、彼女からベッドに誘われるとドキドキするもの。
2人でベッドに行けば、自然とイイ雰囲気になりますよね。

ベッドへの誘い方は何でもOK。
例えば、「眠くなりそうだから、ベッドで寝ながら観よう」なら、恥ずかしくありませんよね。
ベッドに移動したら、彼にくっついて観るようにしましょう。

(4)上目遣いで「ねぇ……」

『誘われているとしか思えない。誘いじゃない時の「ねぇ」もドキドキしてくる』(26歳/証券)

確実に誘っていることを分かってもらうには、ちょっと大胆に誘ってもいいかも。
彼を上目遣いで見つめながら「ねぇ……」と話しかけてみましょう。
色っぽく誘うことがポイント!

彼女から、色っぽく誘われると興奮するもの。
それでも彼からアクションがない場合は、キスしてしまいましょう。

または、「キスして」とお誘いしてみて
エッチは男性から誘うことが多いので、女性から誘われるといつも以上に興奮しますよ。


彼からエッチのお誘いを待つばかりではなく、たまにはあなたから誘うのもアリ。
誘われて嫌な気持ちになる男性はいません。
まずは甘えて彼をイチャイチャモードにさせると良いですよ。

(恋愛jp編集部)

ナイトライフ記事をもっと読む