大人になってもやっぱり「可愛さ」は女性として忘れないでおきたいところですよね。
そして「やっぱりこの歳でもまだミニスカは履きたい……」と思う人も多いでしょう。
ですがミニスカを昔の学生気分で履いてしまうと、どうしても幼くなりがちなもの。

そこで今回は、幼くならないミニスカートコーデをご紹介していきます。

(1)タートルネックニット×台形スカート

『台形だと、ミニ丈でも大人っぽい感じ』(29歳/公務員)

大人になってからのミニスカートは、形的に大人っぽさも出る台形スカートがおすすめです。

そして幼くなりすぎないコーデを意識するためには、やっぱりタイトさを出してクールな印象を与えるのが大切。
そのため、組み合わせにはぴっちりとしたタートルネックニットがおすすめです。

台形スカートは裾が台形に広がっていくのが可愛らしいポイント。
タートルネックを着れば、ちょうど良く上下でメリハリの出るコーデになります。
ミニのショルダーバッグなどをプラスすると、さらに大人感が出ます。

(2)フレアミニスカート×ニーハイブーツ

『着こなしを変えるだけで大人感が出る』(26歳/福祉)

大人っぽさのあるミニスカートコーデは、美脚をがっつりアピールしていくことも大切です。

少し幼さが出やすいミニのフレアスカートも、ニーハイブーツと組み合わせることで途端におしゃれな印象に。

黒のニーハイブーツは特に足の太さカバーにもなるので、ミニスカにはぴったりのアイテムです。

また、フレアスカートもできればトップスにインして着こなすのがおすすめです。
若いうちはできなかった大人っぽい着こなしを意識しましょう。

(3)レザーミニスカート×スニーカー

『素材を変えると、ミニスカートでもカッコよく見せることができる』(27歳/金融)

ミニスカートコーデも辛口を少し意識すると、大人っぽく決まります。
ライダースのようなレザー素材のミニスカートを選ぶのがおすすめです。
レザーは大人っぽさや辛さをコーデにプラスしてくれるので、かっこいい印象が強まります。

組み合わせにはブーツなども良いですが、スニーカーもクールで素敵ですね。
真っ白なスニーカーはレザーのミニスカートと良いコントラストを作ってくれるはず。

(4)ミニスカート×ロングコート

『ロングコートを羽織るだけで大人っぽくなるのでミニ丈も安心して履ける』(24歳/保育士)

ミニスカートを履くなら、ロング丈のコートを羽織ってコーデを決めるのがおすすめです。
コートの下から太ももがチラつく色っぽさを意識してみましょう。

ミニスカートとロングコートというメリハリのある組み合わせだけでもおしゃれ感はかなり増します。
コートは大人っぽさを出すためにファーコートなどがおすすめですね。


いかがでしたか?
大人になってもやっぱりたまには履きたくなるのが、可愛らしさの象徴であるミニスカート。
幼くなりすぎず、痛くならない、そんなミニスカートコーデをぜひ模索してみてくださいね!

(恋愛jp編集部)