好きな人が、どうしても手に入れたくなるような女性になりたいと思いませんか?
だったら「魔性の女」を参考にするとイイかも。
では「魔性の女」は、どのようなLINEで男をメロメロにしているのでしょうか?

そこで今回は、男をメロメロにする「魔性の女のLINE」について、紹介していきます。

(1)LINEのクセを真似る

『LINEのテンポが似ていると、楽しくて盛り上がる』(25歳/商社)

LINEってその人によって、色々なクセがありますよね。
短文で何度も区切って送るタイプや一度にすべてを書いて送るタイプ。
また顔文字や絵文字、スタンプの趣味なんかも違ってきます。

「魔性の女」は、相手の呼吸や波長に合わせることがとても上手です。
合わせることで、親近感が沸き相性が合うように思わせているもの。
LINEも相手のクセを読み取り、同じようなメッセージを送ります。

同じようなクセで送ることで、トークがスムーズになりテンポが良く思うもの。
似ていることを意識させることで、好意を持ちやすくなります。

(2)終わらせる時はスッキリと

『自分に好意があるかもしれないと思っている女性が、簡単にLINEを終わらせると気になります』(28歳/サービス)

好きな人とは、できるだけ長くLINEを続けたいと思いますよね。
しかし彼が終わらせるタイミングと思ったところに、また返信があると疲れてしまうもの。
LINEは終わらせ方が大事です。

「魔性の女」は、終わらせる時はスッキリとしています。
相手がやや物足りないと思う程度に収めるもの。
そうすることで、また相手がLINEしたいと思い、彼からメッセージが届くようになります。

既読や未読スルーされた時も、他のメッセージを送りなおすことはなく、一旦終了させます。
返信できない状況なのかもしれないので、そこを急かすようなことはしません

(3)事細かく報告しない

『SNSなみに自分報告してくる人には、興味を失う』(26歳/SE)

好きな人には、自分のことをたくさん知って欲しいと思いますよね。
「今~してる」や写真を送ったりなど。
しかし自分の日常をお願いされてもいないのに報告しては、興味を失うもの。

「魔性の女」は、彼の妄想を掻きたて、自分に興味を持たせることが上手
LINEで事細かく報告するのではなく、会わないとわからないように情報は小出しにしています

たとえば「髪を切った」ことは伝えても、写真は送らないなど。
ある程度情報を絞ることで、興味を失わせないことが大事です。

(4)毎回自分からLINEしない

『ちょっとでも気になっている相手なら、LINEが来ないと気になるかな』(32歳/不動産)

好きな人からLINEが来ないと不安になりますよね。
そしてついつい自分からLINEを送り、気がついたらいつも自分からしかLINEを送っていないことに気付くことありませんか?

毎回自分からLINEをしていれば、彼はあなたのことを考える時間がないもの。

「魔性の女」は、自分からばかりLINEをせず、相手がメッセージを送ってくるまで待ちます
それは相手が知らないうちに、追いかける状況を作るため。

あなたから連絡がなければ、彼も「どうしてるかな?」とあなたのことを考える時間ができます
ただしお礼などの連絡は、あなたのほうから早めに送るようにしましょう。


「魔性の女」は、相手の興味を自分に向けることに、とても長けています。
それはLINEのやり取りにも表れるもの。
ぜひ参考にして、彼がどうしても手に入れたくなるような女性になってくださいね。

(恋愛jp編集部)

LINE特集記事をもっと読む