好きな人には、いつでも可愛いと思われたいのが女心。
大好きな人とのデートとなると、とくに気合いが入りますよね。
しかしいつも以上に時間をかけてメイクしたのに、彼の反応がイマイチ……なんてことはありませんか?

もしかしたら頑張りすぎて、空回りしてしまっているかもしれません。
そこで今回は、気を付けたい!彼氏がドン引く「勘違いメイク」をご紹介します。

(1)濃すぎるアイメイク

『バサバサのつけまつげとか、目の周りが真っ黒だったりとか、怖くて苦手』(28歳/不動産)

目の周りをアイラインで囲ったメイクやバサバサのつけまつげ、ラメたっぷりのキラキラアイシャドーなど、濃すぎるアイメイクは「怖い」と苦手な男性が多いようです。
また最近流行りのカラーアイシャドーも不評

ブルーやパープル、ピンクなど、女性から見ると可愛いですが、男性には「なんでその色?」と思われているようです。
目を大きく見せようとすると、ついつい濃くしてしまいがちなアイメイク。
しかしデートの時は引き算を意識したナチュラルメイクの方が、男受けはよくなりますよ。

(2)チークの塗りすぎ

『オカメインコ?って感じになってる子たまに見るけど、あれって可愛いの?』(30歳/営業)

ほっぺたがポッと色づいていると、とても可愛く見えますが、こちらも濃く塗りすぎには注意が必要です。
しっかり色づくぐらい濃くしてしまうと、「酔っぱらってる?」「体調悪いの?」と、あまりいい印象を受けないようです。
チークはほんのり血色がよく見える程度にとどめ、チークの色選びも肌馴染みのいいものを選ぶようにしましょう。

(3)赤リップやたっぷりグロス

『口元くっきりさせてるのってあんまり好きじゃない。化粧してます!って感じがして苦手』(32歳/弁護士)

トレンドの赤リップくっきりした色のリップテカテカに塗られたグロスも男受けがよくありません。
おばさんっぽい」「ケバく見える」と不人気なのです。

男性は、女性の口元をよく見ているといわれています。
流行を追うのもいいですが、自分に似合うカラーを取り入れることで、顔色が良く見えたり、雰囲気を大きく変えることができますよ。

(4)カラコン

『サイズが合ってなさすぎて宇宙人みたいな目になってるのはムリ!多少黒目のふちを強調するくらいならまだいいかな……』(27歳/美容師)

簡単にデカ目に見せたり、瞳をいろいろな色に変えることができる「カラコン
ナチュラルなものの場合、肯定派もいるようですが、奇抜なカラーやサイズが大きすぎるものは「不自然」と怖がられてしまいます。

またカラコンを外した時に別人になるのが嫌!という意見も。
つける場合はなるべくナチュラルで、自分の瞳の色に近い色を選ぶようにするのがポイントです。


女性がどんなに頑張ってメイクしても、男性はやっぱりナチュラルメイクが好きな方が多いです。
時間をかけたメイクが、実は彼は全然好きじゃなかった……となるとショックですよね。
濃いメイクや流行りのメイクは女子会用、彼氏と会うときはナチュラルメイクと、使い分けるのがいいかもしれませんね。

(恋愛jp編集部)