女性にボディタッチされてドキっとしない男性は少ないもの。
恋愛で相手を意識させるためのテクとして、ボディタッチはよく聞きますよね。

ですがそんなボディタッチも、ただ触ればいいというわけではないのも事実。
相手をふいにドキッとさせるような、そんな「さりげなくっつき方」とはどんな方法があるんでしょうか?

(1)よろけてぶつかってみる

『よろけてぶつかってきたときに、偶然かわざとか、胸が当たった時はめちゃくちゃ意識しました』(30歳/企画)

さり気なく、自然に、偶然な感じで、そんな風にくっつくことがボディタッチテクには重要なもの。
そのためまず実践しておきたいのは、ちょっとドジっ子的によろけて軽くぶつかることです。
ふわっと彼の肩や背中にもたれかかるような感じでよろけてみましょう。

ふと女性のやわらかい体がぶつかってきて、ドキドキする男性は多いはず。
恋愛上級者は、さり気なく二の腕や胸など、よりやわらかい部分をぶつけてみてもいいかも?
そんな刺激的なボディタッチをされて、意識しない男性はいないでしょう。

(2)仕事を教えてもらいながら……

『仕事を教えてるときって距離が近くなりがちだから、そんなときに体がぶつかったりするとなんでもなくてもちょっと意識しちゃうなー!』(32歳/広告)

仕事を教えてもらうときって、相手の男性ととても近くに寄りますよね。
職場にいる気になる彼と距離を縮めるなら、教わるときはまさにさり気なくっつきチャンス
教えてもらいながら「え?どこどこ?」とより近づいて肩を当てたりしてみましょう

ただ仕事を教えているだけなのに、彼はなんだかとってもエッチなシチュエーションに感じてしまうかも?
そのせいで以降ずっとその女性のことを意識してしまう……なんてことも珍しくないはずです。

(3)嬉しい時に勢い余ってハグ

『テンション上がっちゃって思わずハグしちゃいました!みたいな感じってすごいドキドキするよね!相手がその後恥ずかしそうにしてたらさらにドキドキする!』(28歳/営業)

テンションが上がったときや本当に嬉しいときなどは、その喜びを分かち合える人とハイタッチしたりすることがありますよね。
そんな時、よりテンションが上がって「いけるかも?」と感じたときは、勢いのままにハグをしてもありかもしれません。

突然のハグに、めちゃくちゃドキドキする男性は多いはず。
数秒後に我に返って「あっごめん!」なんて離れるのも、ちょっとウブっぽくていいですよね。
そのままハグしたときの感覚が忘れられなくなり、意識してしまうパターンは多いでしょう。

(4)酔った勢いで

『飲み会でのボディタッチって、もしかして俺のこと好きでお酒の力を借りてる?って思ってしまう……。考えすぎですか?(笑)』(33歳/経営)

どうしてもさり気なくっつきチャンスが来ないというときは、最後の手段でお酒の力を借りましょう
飲み会のときは絶対に気になる男性の隣を確保し、酔った勢いでよろけてみたり、肩をたたいたりしてみることです。
お酒の席なら、多少のボディタッチはテンションが高いからこそありになります。


いかがでしたか?
ボディタッチで相手を意識させるために大事なのは、さり気なさや自然な流れです。
ふとした瞬間を狙ってさり気なく彼にくっつき、狙い通り彼をドキドキさせていきましょう。

(恋愛jp編集部)

ナイトライフ記事をもっと読む