LINEでの会話を普段から彼と楽しむ人は多いでしょう。
カップルにとって、会えないときの大事なコミュニケーションの機会。
そんなLINEのやり取りでも、なるべく彼からの好印象をいっぱい獲得していきたいですよね。

そこで今回は、LINEで実践できるほんのちょっとの工夫をご紹介していきます。

(1)名前を積極的に呼ぶ

『俺のことを好きでいてくれてるって気持ちがすごく伝わってくる♡』(24歳/イベント)

実はカップルのやり取りでも、お互いの名前をあまり呼んでいないことってよくあることなんです。
最初こそお互いの名前を積極的にたくさん呼び合っていたかもしれません。
でも、付き合いが長く続いてくると、そんな愛情表現も実はどんどん少なくなっていきます。

名前を呼ぶことも実は大事な愛情表現の一つ
相手への親近感を表すことに繋がるからですね。
例えば「おやすみ」とただ送るのではなく「おやすみ、〇〇くん」と名前を入れれば、それだけで彼は嬉しくなってしまうはず。

(2)共通する話題をたくさん出す

『遠距離のときは特に話題に気をつけたほうがいいと思う』(30歳/公務員)

会話は盛り上がってこそのもの。
それはLINEでのやり取りでも同じですよね。
盛り上がって会話をするためには、共通する話題を積極的に出すことが大切です。

一番NGなのは自分だけが知っている話題に話を持っていこうとすること。
彼は聞いているばかりで、やり取りは当然盛り上がりませんよね。
お互いが知っている話を、LINEでは積極的に持ってくるようにしましょう。

(3)たまにある「いつもありがとう」

『彼女への気持ちが深まるわぁ……』(28歳/美容師)

直接顔を合わせないやり取りのLINEは、普段は言えないようなことも言えたりします。
ただ他愛のないやり取りを続けるばかりではなく、たまには改まって感謝を伝えてみるのも大事。

たまにある「いつもありがとう」の言葉が、彼を幸せな気持ちにしてくれます。
「こんなにいい子な彼女に愛されて幸せ……」と思ってくれるはずです。
普段は面と向かって言えないような、褒め言葉なども効果的ですね。

(4)長時間の既読無視をしない

『長時間返信がなかったら、こっちも時間置くようになる』(25歳/企画)

やり取りはやっぱりスムーズが一番
長時間の既読無視はあまりしない方が良いでしょう。

もちろん、いつもめちゃくちゃ早い返信をする必要はありません。
早すぎる返信は、かえって彼にもプレッシャーになるでしょう。

ですがマナーの一つとして基本的に返信は長時間待たせないのが大事。
それを心がけているだけでも、彼とのLINEはいつも盛り上がるはずですよ。


いかがでしたか?

LINEのやり取りは毎日のように楽しむものです。
だからこそほんのちょっとの工夫で、よりお互いに幸せを感じられるようなLINEをしたいところですね。
ちょっと連絡不精気味の彼でも、いつの間にか返信が早く来るようになるかも。

(恋愛jp編集部)

LINE特集記事をもっと読む