今回は、モテる女性がこっそりやっているチョコの渡し方を大追跡!
頭を悩ませるこのイベントを難なくクリアするためには、実はこんな方法が有効的だったんです。

自分の気持ちをチョコと一緒に伝えたい人は、しっかりとモテテクをマスターしていきましょう。

(1)「義理じゃないから」と本命アピール

『義理チョコじゃないから、だけ言われて渡されるのって、そっけなくて逆に可愛い』(34歳/会計士)

チョコをもらう男性の大半は、残念ながら義理チョコと認識して受け取っているみたい。
そのため、しっかりと義理チョコではないことを伝えないと、「女性からチョコを貰った」というだけで終了してしまいます。

本命であることを伝えるためにも「義理ではない」という言葉を添えて、大好きな彼にアピールしましょう。

(2)「好きです」とストレートに言う

『実際あんまり経験したことないシチュエーションだからこそ、インパクトある!』(28歳/自営業)

「好きです」とストレートに気持ちを表現しながらチョコを渡す女性の姿は、男性の憧れ。
まるで映画やドラマのワンシーンを彷彿させるこのシチュエーションに、男性陣は高鳴る胸の鼓動を抑えることができなくなるでしょう。

好きという気持ちをチョコだけではなく、しっかりと言葉でも伝えて気になる彼をドキッとさせちゃいましょう。

(3)頬を赤く染めながら

『ほっぺ赤くしてチョコ渡してくれるなんて、キュンキュンしちゃうわぁ♡』(26歳/商社)

上記の演出をさらに盛り上げるには、恥ずかしいという気持ちを添えるのがベスト!
男性は女性の恥じらう姿を好む傾向にあるので、よりキュンとさせる効果が期待できます。

とはいっても何も難しく考える必要はありません。
ただ、頬を赤く染め上げるだけでも十分効果は発揮できます。
女性らしい一面をしっかりアピールして、彼に気持ちを届けて。

(4)手紙を添える

『字がキレイだったら、2倍増しで意識し始めちゃうかも』(31歳/講師)

今の時代、何事もネットで済む世の中。
実際、LINEやSNSで気になる男性にアピールをしたことがある人も多いでしょう。
だからこそ、手紙は相手に強烈なインパクトを与えます。

手書きの文字は気持ちが伝わりやすいので、尚のことチョコを渡すシチュエーションを盛り上げてくれるのです。
文字で気持ちを伝えるのであれば、内気な人でもクリアしやすいというのもポイント!

好意を伝える場面だからこそ、デジタルには頼らずアナログ面を活用して彼のハートを高鳴らせちゃいましょう。


せっかくチョコを渡す勇気が芽生えたのであれば、本当の気持ちも伝えないと勿体ないです。
男性が喜ぶモテテクをしっかり活用して、気になる彼を振り向かせましょう。

(恋愛jp編集部)

◆誰にもわたさない!男が手離したくない【理想の彼女】3箇条