LINEのやり取りをスムーズに進めていくためには、お互いにやり取りしやすい時間を見極めて連絡を取ることが肝心です。
彼が待ち望んでいるタイミングでLINEを送れば、きっとスムーズかつたくさんのLINEのやり取りができるでしょう。

今回は、彼が望むLINEのタイミングについて解説していきます。

(1)仕事の休憩時

『ちょっとした隙間時間にもLINEがくると嬉しくなりますよね』(28歳/営業)

昼間にLINEは送らない人も多いでしょう。
確かに仕事の邪魔になってはいけませんし、そもそも返事が望めないからこそ送らない人も多いはずです。
ですがそんな仕事中でも、彼は実は合間にLINEが来ることを望んでいたりするもの。

特に1時間余裕ができるお昼休憩時は、彼女からのLINEを待っていることが多かったりします。
そのため、少しの時間を見つけて彼にLINEを送ることはとっても重要です。

とりわけラブラブ絶頂期は、ちょっとしたLINEでも貰えれば嬉しいもの。
彼のお昼休憩の時間を知りつつ、お疲れ様のLINEをぜひ送ってみましょう。

(2)帰ってきて一段落ついた時

『ゆっくり読めるし返信もできる。負担にもならないのが良い』(29歳/メーカー)

LINEはやっぱり返事しやすい時に受け取るのが一番ストレスフリーですよね。
帰ってきたばかりの時間ではいろいろとバタバタとするもの。
なので一番ちょうど良いのは、夕食も済ませて一息つく頃の夜9時くらいとよく言われています。

なるべく長くたくさんのLINEのやり取りを重ねたい場合は、やっぱり夜にLINEするのが一番ですよね。
彼の手が空く時間を見計らって、LINEするようにしましょう。

(3)寂しい時

『わかってくれているなと愛おしくなる』(25歳/通信)

寂しい時というと少し抽象的な感じもするかもしれません。
彼の寂しい時を見つけてLINEするのなんて難しい……と思う人も正直多いでしょう。
ですがしっかりと考えてみれば、彼が寂しがっているという時は分かりやすくあるものです。

例えば自分が飲み会に出かけていて、彼はお留守番の夜。
特に浮気などを疑っているわけではなくとも、つい女々しくなって不安になる男性は多いでしょう。
そんな時にLINEしてあげられれば、寂しさはかなり和らぐはずですよね。

(4)仕事がしんどい時

『しんどくても、心が軽くなります』(23歳/IT)

仕事がしんどい時に受け取る彼女からのLINEは、彼を心から安心させるはず。
「最近仕事がきつい」と言っていたとき、明らかに大変そうにしているときなど……。

彼の状態を案じて、ねぎらいのLINEをちょこちょこ送ってあげることは大切です。
きっと彼の望んだタイミングでLINEは届き、そのLINEは彼にとって大きな助けになるでしょう。


いかがでしたか?
彼に大事にされる彼女は、実はLINEを送るべきタイミングもしっかりと分かっているもの。

お互いにとってストレスのないやり取りを続けていくためにも、まずは彼はどんな時にLINEが欲しいものなのか考えてみましょう。

(恋愛jp編集部)

LINE特集記事をもっと読む