元カレと別れてから、その後のやり取りで密かに復縁する機会を狙っている人は多いのではないでしょうか?
特に別れ方に不満や後悔があった場合は、未練は大きく残りやすいもの。
復縁のチャンスをうかがうなら、やっぱり元カレとのLINEをうまく活用するのがポイントです。

そこで今回は、元カレの気持ちを取り戻すLINEについてご紹介していきます。

(1)間違いLINEできっかけ作り

『すっかり忘れていたのに、LINEでまた繋がりができると近況が知りたくなる』(29歳/公務員)

やっぱり大事なのは、やり取りを復活させるためのきっかけ作り。
いきなりLINEを送っても、やっぱり元カレには警戒されてしまいます。
まだ彼女面しててうっとうしいと思われることもあるため要注意。

最初はいかに偶然を装ってやり取りを始められるかが肝心です。
そのために効果的なのは間違いLINEです。

送信先をミスした振りをして、いったん彼の返信を待ちましょう。
その後彼は「間違ってるよ」と返信をくれるはず。
そこから「ごめん!」と謝って「久しぶりだね、元気してる?」などと軽くジャブを入れていきましょう。

(2)恋愛の雰囲気ゼロの趣味LINEを

『自分の趣味の話なら、されると嬉しいですよね』(28歳/IT)

元カノからのLINEはそれなりに警戒してしまうものです。
だからこそいきなり「やり直そう」的に直球で攻めるのはあまりおすすめできません。
まずは恋愛の雰囲気を一切感じさせないことが重要です。

例えば「前に〇〇が良いって言ってた音楽聞いたよ!」など、趣味の話などをしていくと良いでしょう。
自分の好きな話題なら、ほとんどの男性が会話に乗ってきてくれるはずです。

(3)懐かしい思い出話をしてみる

『どうしたんだろう、と気になってしまう』(25歳/通信)

掘り下げられそうな趣味の話がないときは、あまり重くならない程度に思い出話に触れてみるのもありです。
二人で行った場所について話題を出してみましょう。

また、その際に警戒されないか不安な場合は、思い出話に触れても不自然でない条件を作ることが大事。
例えば「友達が行きたがってるんだけど、二人で行ったあのお店、なんてお店だっけ?」と聞いてみましょう。

(4)感謝と軽く謝るLINE

『改めてそうやって連絡されても悪い気はしない』(30歳/製造)

元カノとしてではなく、彼にかかわった一人の人間として感謝を改めて伝えるのも効果的です。
例えば「ずっと謝りたかったんだよね」と軽く謝りのLINEをいれてみましょう。
そしてその後に「ありがとね」と一言。

人として感謝を感じている点に、彼は思わず心を突き動かされてしまうことも。
別れを経て、人として精神的に成長したことをアピールするのも復縁には欠かせないことです。


いかがでしたか?
LINEできっかけを作ればやり取りもしやすくなる分、復縁の可能性はグンとアップします。
まずは彼の心を戻すLINEを意識して、重すぎず、不自然にならないLINEを送っていきましょう。

(恋愛jp編集部)