冬は、ニットを可愛く着こなしたい季節!
そのためには、男性側の意見を知ることも必要です。
今回は、男性が萎える「NGニットコーデ」を4つまとめてみました!

(1)ニットのワントーンコーデ

『ちょっと太くみえるし、おばさんっぽいんだよね』(25歳/インテリア)

2018年あたりから流行り出した全身ニットのワントーンコーデ。
トップスはゆるめのニットに、タイトめなニットスカートを合わせれば完成!
この流行コーデも、男性からしたらイマイチのようです。

白やベージュ、明るめのグレーのような膨張色は、より体型をふくよかに見えてしまいます。
厚手のニットというのも、より太って見えやすいのも理由の1つ。
また、男性は「ワントーンコーデ=上級者向け」というイメージが強いようです

(2)ボトムインしないゆるニット

『だるそうな感じがでちゃってて下品かも』(28歳/証券会社)

お腹周りやおしりが気になるぽっちゃり女子は、ゆるめのニットで体型カバーばっちり!
冬の寒い季節も、長めのトップスの方が暖かいですよね。
ただし、全身をゆるく着こなすのは、男性からしたらNGのようです。

ゆるニットは、どうしても体が膨張して見えがち。
ボトムにインしたりベルトで締めたりして、メリハリをつけるようにしましょう!

(3)オフショルタイプのニット

『寒いのか暑いのか分からないとこが苦手』(33歳/公務員)

肩を出したオフショルコーデは、夏に限らず冬でも人気コーデとなっています。
コートを脱いだ後、チラリと見える肌に男ウケも抜群!
そんなオフショルタイプのニットも、男性から微妙な反応が……。

コーデの不満というより、女性の体調を心配する声が多かったです。
全ての男性が露出が好きなわけではありません。
冬は、無理せず温かいニットコーデを楽しみましょう!

(4)ハイネックタイプのニット

『髪もロングでばさっとあって、その上首まで隠れてるとちょっとうるさいかな』(32歳/通信)

首まですっぽり隠れるハイネックタイプのニット。
短めのトップスからワンピースまで、色んなタイプのハイネックのニットが展開されています。
まさに、定番中の定番というべきニットですが、男性は一体どこに萎えてしまうのでしょうか?

多くの男性は、せめて首元はすっきりさせてほしいという意見が多いです。
オフショルのような露出はNGだけど、首や鎖骨はOKってことなんですね。
Vネックニットなら、露出控えめだけどすっきりキレイに仕上がりますよ!


ニットコーデは、必ずしも男性ウケ抜群!というわけではなさそうですね。
どんなコーデにもメリハリが大事!
今回の記事を参考に、おしゃれなニットコーデを楽しんでみてください。

(恋愛jp編集部)

ファッション記事をもっと読む