彼とのお泊まりデート、とてもワクワクしますし長い時間一緒にいられる分幸せな気持ちにもなりますよね。
ですがお泊まりデートは、夜通し一緒にいるからこそ「失敗」も起きやすいと言います。
彼女の失敗を前に、正直「帰ってほしいんだけど」と思ってしまう男性も。

そこで今回は、お泊まりデートで男性が彼女に「帰って……」と思った瞬間についてまとめてみました!

(1)家のものを漁られた

『人としてのマナーがなってないよね』(25歳/看護師)

彼の家でお泊まりデートをするときは、彼のプライベートに踏み込みすぎに注意。
ひたすら彼の持っているものを漁りだしたり、昔の写真を見ようとしたり……。

そんな風にプライベートに踏み込まれたら、誰だって嫌ですよね。
いくら後ろめたいことがない人でも、漁られるのは心底うざったいと思うもの。
彼女とはいえ、マナーを守ることは最優先です。

(2)おっさんのようにくつろがれた

『寝ころびながらお菓子食べてる姿にドン引きした……』(29歳/会社員)

二人きりのお泊まりだからといって、まるでオジサンのようにくつろぐのはNG。
「可愛い彼女がまさかのおっさんに……」と彼は残念がるはずです。
男性は特に彼女の下品な姿は見たがらないものです。

足をがっつり開いて座っていたり、寝ながらお菓子を食べたり……。
そんな貫禄のあるオヤジ感はお泊まりデートでは封印しましょう。
二人きりのお泊まりデートだからこそ、ロマンチックな雰囲気を大事にしたいところですね。

(3)無理にHをしようとしてきた

『そんなガツガツこられるの好きじゃない』(22歳/福祉)

Hを無理強いされるのは、男性も嫌なものです。
お泊まりデート=Hすると考える人は多いですが、実際には必ずそうとは限りません。
彼としては一緒にただまったりしたいだけという場合もあります。

そんな時に積極的に迫られたりすると、途端に萎えてしまうもの。
彼としても、最近疲れているからこそゆっくり寝たいのかもしれません。
その場の空気と流れは大切にしましょう。

(4)友達と電話をし始めた

『こっちも同じことしたら絶対怒るのにね』(26歳/公務員)

お泊まりデート中にまさかの友達との電話。
もちろん少しくらいならまったく問題ないですが、長電話は当然NGです。
「お泊まりデートなのになぜ?」と彼はさすがに疑問に思ってしまいます。

せっかくの二人の時間を自ら壊しに行くようなもの。
友達から電話がかかってきても、積極的に長電話はしないようにしましょう。
お泊まりデート中に彼を放置するなんて、マナー違反そのものです。


いかがでしたか?
お泊まりデートは距離がより縮まるからこそ、逆に失敗して「帰ってほしい」と思われることもあるものです。
プライベート感たっぷりなため、くつろぎすぎたり逆に彼を放置しすぎたりしないように気をつけましょう!

(恋愛jp編集部)

カップル記事をもっと読む