今回は、男性が思わずブロックしたくなってしまうめんどくさいLINEを大公開!
こんなLINEを送っていると、知らぬ間に彼から距離を置かれてしまうかもしれません。
一体どのようなLINEが酷評を集めているのか、さっそく詳細をみていきましょう。

(1)用件のないLINE

『話がしたいのなら電話じゃだめ?と思う』(26歳/公務員)

用事はなくても気になる彼とLINEがしたい……こう思うことは決して悪いことではありません。
しかし、「やっほー!」「何してるの?」なんてLINEを送ってしまうと面倒くさいと思われてしまいます。

男性は女性に比べてスマホの文章入力に煩わしさを感じている人が多いので、用件のないLINEは特に嫌気が指してしまう模様……。
男性がめんどくさがり屋であれば、尚のことブロックされる確率は高まります。

気になる彼にLINEを送るときは、1つでも良いのでしっかりと用件を考えておきましょう。

(2)返信の催促LINE

『こちらは時間があるときに返すつもりだったのに……逆に返信する気を削がれる』(25歳/IT)

LINEを送った側からすると、それに対しての返信は一刻も早く欲しいものですよね。
意中の男性とのLINEともなれば、尚更返信内容は気になるばかりでしょう。
しかし、返信を催促するLINEは男性をうんざりさせてしまうので要注意です。

男性は特に理由もなく既読スルーをすることがあるので、それに対していちいち反応していては男性を疲れさせてしまいます。
返信がきたらラッキー程度に構えておいて、懐の深さをアピールしましょう。

(3)終わりが見えないLINE

『これ、わざわざLINEで話す必要ある?と思うようなこともしばしば』(30歳/金融)

気になる男性とのLINEは、時間も忘れてついつい夢中になってしまうものですよね。
LINEを終わらせたくないがあまり、無理矢理話を引き延ばそうとしている人も多いのではないでしょうか。

しかし、そんな終わりが見えないLINEに彼は飽き飽きしているかもしれません。
男性のなかには「返事が来たら返さなくちゃいけない」と受け止めている人もいるので、延々とLINEが返ってくれば気が休まることはないでしょう。

余計なプレッシャーを与えて気疲れさせてしまっては、ブロックされる確率も高まってしまいます。
つい長くLINEをしてしまう人は、自分からLINEを切り上げてまた話したいと思われる環境を作り出してみましょう。

(4)頻繁なネガティブLINE

『たまになら心配になるけど、毎回は相手するのが面倒』(29歳/公務員)

数回のネガティブ発言であれば、男性もなんとかしてあげたいと思うかもしれません。
しかし、毎度のようにネガティブLINEが届けばフェードアウトしたくなるのは時間の問題です。

それほどネガティブ発言は、人の気持ちを重くする力があります。
ネガティブLINEは控えて、逆に明るい話題で彼とのLINEを楽しみましょう。


彼の気を引きたいという言動が誤った方向に向いてしまうと、知らぬ間に溝を深めることになります。
相手の立場になって物事を考えることも、追いかけられる女性の必須条件!

彼が喜ぶLINEを心がけて、ラブラブな関係を築き上げていきましょう。

(恋愛jp編集部)

ライン記事をもっと読む