とくに用もないのに男性が頻繁にLINEしてくることってありますよね。
そんなことがあると、女性としては期待してしまうものです。
用がないのにLINEをしてくる男性には、いったいどのような心理が隠れているのでしょうか。

そこでここでは、そんな男性の本意についてまとめてみました。

(1)寂しい

『寂しいなと思ったとき、なんとなくLINEしたりしますね』(30歳/広告)

男性は寂しいとき、誰かと繋がりたいと思うようです。
そして女性にLINEをすることで、寂しさを紛らわそうとします
とはいえいくら寂しいからといって、嫌いな相手にLINEを送ろうとは思いませんよね。

そのため寂しさをアピールするようなLINEは、嫌われていないことの証でもあります。
寂しがりやな男性からの用のないLINEには、優しく返信してあげましょう。

(2)構ってほしい

『ちょっと気になる女の子に構ってほしいなーと思ったときにLINEします』(31歳/企画)

男性に構ってほしいとき、用がなくてもLINEをすることってありますよね。
男性もそれと同様に、構ってほしいときにLINEをすることがあります。
とはいえ素直に構ってと言えない男性は、たわいもない内容のLINEをするようです。

そんなLINEが頻繁にくるようになったら、構ってほしいときに甘えられる存在として認識されていると思っていいでしょう。

男性にとって甘えられる女性は、恋愛対象になる可能性があるので意識して接することをオススメします。

(3)会いたい

『会いたいけど、会いたいって言って断られるの怖いし、あわよくば誘ってくれないかなーっていう期待の中LINEしてます(笑)』(29歳/経営)

素直になれない男性は、会いたいという気持ちをストレートに伝えることができません。
会いたいのに誘うことができず、用がないと思われるようなLINEをしてしまうことも。

そんな男性は、LINEをしているうちに女性のほうから会おうと誘ってくれるのを待っている場合があります。

そのため会いたいとストレートに言われなくても、それをにおわせるようなLINEには気付いてあげるようにしましょう。

(4)ただ暇なだけ

『ただ暇だからLINEするだけだけど、ちょっと気になってる子と話したいなって気持ちもある』(28歳/広報)

男性の中には暇になるとスマホを見る癖がある人が多くみられます。
暇になったときこそ、気になる女性にLINEをすることも。
そんなときのLINEの内容は、用件がない場合がほとんど。

そのため用のないLINEは、ただ暇なだけという理由で送る人もいますが、気になっている相手を選ぶケースが多いので、きちんと返信することをオススメします。


用がないのにLINEをしてくる男性の心理はさまざま。
中には好意があるからこそ用もないのにLINEをする場合もあるので、冷たくあしらうのではなく、きちんと対応してあげることをオススメします。

(恋愛jp編集部)

カップル記事をもっと読む