付き合う前って、男女ともにどんな人か相手をチェックしますよね。
そして、デートするとなると、お食事デートが定番。
お食事デートでは、たくさんのチェック項目があるので、気をつけないといけないもの。
今回は、付き合う前のデートで男が一気に冷めた瞬間についてご紹介します。

(1)テーブルマナーがなってない

『お箸の持ち方とかフォークやナイフの使い方を知らないと、どうやって育ったんだと思う』(26歳/広告)

お食事デートで一番大事なのは、テーブルマナー。
ちょっとしたことですが、男性はかなりチェックしています。

例えば、お箸の持ち方やカトラリーの使い方肘をつかないなど。
こういった動作は、あなたがどのように育ってきたのかが、もろに出てくるもの。
気になる男性とお食事デートする前は、今一度自分のテーブルマナーを確認しておきましょう。

(2)音を立てる

『食べるときに音をたてて食べるのは、本当に無理』(30歳/営業)

あなたは、ご飯を食べるとき音を立てて食べていませんか?
「くちゃくちゃ」という音がしていたり、スープを飲む時の「ズズズっ」という音。

ラーメンなどはまだいいかもしれませんが、音をたててはいけないときってあります。
特に、くちゃくちゃさせながら食べるのは、男性はドン引き
ご飯を食べるときに、音がたっていないか意識してみてくださいね。

(3)スマホばかり見ている

『一緒にいるのに、スマホばっかりいじっているのはないな』(34歳/IT)

スマホは、いろいろなことをチェックしたり、SNS見たりと楽しいもの。
しかし、誰かと一緒にいるときは、スマホ依存にならないように気をつけないといけません。

相手からすると、「俺と一緒にいる意味はなんだ……」となってしまいます。
急用だったり、仕事内容の確認などは、一言伝えるといいでしょう。
それ以外は、スマホはかばんの中と覚えておくこと。

(4)お店に合わない格好

『デートするときに、どんなレストランか言ってあったのに、ダサい格好で連れていきたくなくなった』(27歳/SE)

お食事デートをするとき、どんなお店に行くのか二人で決めますよね。
もしくは、男性がいくつか提案してくれることもあるでしょう。

行くお店が決まったら、まずはどんなお店をしっかりと知っておくこと。
素敵なレストランなのに、かなり平凡な格好をすると、お店の雰囲気とあいません。
男性も一緒に歩きたくない……と思ってしまうので、気をつけましょう。


いかがでしたか?
付き合う前のデートでは、男性は多くのチェック項目をみています。
好きな人を射止めるためにも、最低限のマナーは覚えておきましょう。

(恋愛jp編集部)