「これって脈有り?それとも興味なしのサイン?」
男性って女性とは気持ちの伝え方が違うため、彼のホンネはどうなのか戸惑ってしまいますね。
実は脈アリなのに勝手に脈ナシと判断してしまっては、気になる彼との恋愛も成功しません。

「実は脈ありなLINEとは?」男性のホンネについて迫ってみました。

(1)唐突に自分の予定を話す

『一緒に来ないかな~?って実は思ってる』(24歳/広告)

そんな話もしていないのに急に休日の予定を話されるとびっくりしますね。
予定があるので誘わないで欲しいという脈ナシサインに感じてしまいますが、男性は実は逆のことを思っている場合が。

「明日サッカーの試合だから」
などのLINEが来ると、話を終わらせたいのかな?と、女性なら感じてしまいますね。
実は自分のことを知って欲しい応援してほしいとの気持ちかが隠れているのです。

そんな時は、「頑張ってね!」と明るく応援してあげましょう。
相手も喜んで話が弾むようなら脈アリサイン。

「あっ そうなんだ」など気のない返事をする

『意識すればするほど、どうしていいかわからなくなる(笑)』(23歳/保育士)

好きな女性にはわざとそっけなくなってしまう男性っているもの。
気を引きたくてつい好きな子をいじめてしまうという男子特有の心理があるから。
そっけなくなるのはどう相手に好意を示せばよいのかわからないのです。

男性も好きな相手の気持ちほど気になるものなので、自分が好意を持っていると知ったら相手はどう思うのか?気を使います。

そのため、必要以上に素っ気無くなってしまう場合が。
男性のLINEが素っ気ないと感じたらこちらからいろいろ話しかけてみましょう。
実はあなたからのリアクションを待っているかも。

(3)基本的に文章が短い

『めんどくさい男だと思われたくないし!』(26歳/看護師)

好きな相手には長文を贈るのでは?と思いきや、実は気になる女子には基本短文を送ります。
長文をながなが送るよりも短文で相手とのキャッチボールを楽しみたいという気持ちがあるのです。

長文だと、重く思われたり、相手も読んだり返答するのが疲れるのでは?という気持ちの表れでもあります。

短文やスタンプが中心だけれど、頻繁にLINEが来る場合脈ありサイン。

(4)自分のタイムスケジュールを話す

『不安にさせたくないから、すぐ返信できない都合を伝えることもある』(31歳/金融)

LINEの返事が遅いと、脈ナシなのかなと思ってしまいますね。
男性も好きな子にはどう思われたくないため、仕事やプライベートで返事が遅れそうな時はあらかじめ自分の予定を伝えてきたりします。

「だいたいこの時間まで仕事」「この曜日は忙しい」など具体的なタイムスケジュールを自分から伝えてくる時は脈アリサイン。


「実は脈ありなLINE」4つについて紹介しましたがいかがでしたか?
女性からすると脈ナシに思えるLINEも実は真逆の可能性があります。
このようなLINEがきた場合は彼のホンネを探ってみると、ぐっと距離が縮まるかもしれません。

(恋愛jp編集部)

LINE特集記事をもっと読む