大好きな彼に嫉妬されたら、本気度が伝わり嬉しくなりますよね。
女性の中には男性を嫉妬させるテクニックが上手い人がいるようです。
そんな女性を男性は本気で追いたくなります。

では男性を嫉妬させるには、いったいどのような方法があるのでしょうか。
そこで男性が本気で追いたくなる嫉妬のさせ方についてまとめてみました。

(1)元カレの話をする

『元カレの話はどうしても嫉妬する。できればあんまり聞きたくないかな……』(30歳/営業)

好きな人に元カレの話をするのは抵抗があるという女性が多いようです。
しかし男性を嫉妬させるには、元カレの話をするのが非常に効果的な方法と言えます。
過去のデートの話などをさりげなく話すと、男性は嫉妬心に駆られるもの。

ポイントとしては、しつこく言わないことです。
しつこく言いすぎると、「じゃあよりを戻せばいいじゃん」と思われてしまうのでほどほどにしましょう。

(2)みんなといるときに元気になる

『俺といるより友達といる方が楽しいの?って思うとちょっと悔しい』(28歳/企画)

女性の中には彼氏といるときと友達といるときで性格が変わる人がいます。
みんなと過ごすときはテンションが高いという場合、男性は自分といるときより楽しそうな彼女に嫉妬してしまうことも。

自分といるときが一番自然体であってほしいという気持ちがあるからこそ、嫉妬心が芽生えるようです。

そんな女性に対し、頑張って自分が一番になろうと努力する男性が多くみられます。
そのためみんなといるとき、元気になる女性は追われやすい傾向にあるようです。

(3)LINEをすぐに返さない

『LINEを送ってもすぐに返信がこないと何してるのかなって気になってしまう』(31歳/コンサル)

好きな人からのLINEはすぐに返すという女性が多くみられます。
しかしそれでは、彼を最優先にしていることが伝わり、安心しきってしまうことも。
男性を嫉妬させるには、LINEは時間を置いてから返信するのがオススメ。

「今何してるのかな?」と不安にさせることで、男性は追いたくなるもの。
そのためときには、LINEの返信をあえて遅らせることも大事と言えます。

(4)デートの誘いを断る

『デートの誘いを断られると、うかうかしてると他の人にとられてしまいそうで不安になる』(32歳/公務員)

好きな人からデートに誘われると、嬉しくてついつい優先させたくなるものです。
しかし彼を最優先してしまうと、追われる女性にはなれません
ときにはデートの誘いを断ることで男性は不安になり、追いたくなります。

そのためデートの誘いは、予定があるときは断る勇気も必要と言えますよ。


男性が本気で追いたくなる嫉妬のさせ方には、男性の心理をうまく利用することがポイントとなります。
男性を夢中にさせるためには、ほどよく嫉妬をさせるよう日頃から意識してみましょう。

(恋愛jp編集部)